• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

女子バレー銅メダリスト、ヨーコ・ゼッターランドが女子中学生チーム相手に本気!たけし「エゲツない」

©テレビ朝日

©テレビ朝日

 2月25日(日)放送のテレビ朝日系『ビートたけしのスポーツ大将』2時間スペシャル(後6・57)に、女子バレーボールの元日米代表レジェンドが集結する。

 番組がレギュラー復活して初の「バレーボール対決」で、ロンドン五輪銅メダルの大友愛や佐野優子、バルセロナ五輪銅メダルのヨーコ・ゼッターランドらがレジェンドチームを結成。対戦相手の女子中学生チームには、将来有望な180cm前後の高身長選手がずらりとそろった。

 対決前にまずはエキシビションマッチとして、ビートたけしとナインティナインが女子中学生チームの実力を小手調べ。「たけしチームが力尽きるまで」というルールで試合に臨むが、強烈なスパイクにビビりまくり、ボールが岡村隆史の頭に直撃するひと幕も!?

 その後、いよいよレジェンドチームと女子中学生チームが対決。レジェンドチームは人数が2人少ないハンデを背負い、表情は真剣そのもの。中でも負けず嫌いなゼッターランドは、大人げないほどのプレーで圧倒。たけしは「ゼッターランドさんのサーブはエゲツないよね。あんなに変化させて野球のピッチャーじゃないんだから(笑)」とツッコみつつも「技術がすごかった」と感服していた。

 この日はほかに競泳、ボルダリング、空手・形などの天才キッズが登場する。

©テレビ朝日

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える