• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

兄弟役・東出昌大&新田真剣佑が熱い抱擁!

映画『OVERDRIVE』完成披露 6月1日(金)公開の映画『OVERDRIVE』のスペシャルステージ&完成披露舞台あいさつが行われ、東出昌大、新田真剣佑、森川葵、北村匠海、町田啓太、要潤、羽住英一郎監督が登壇した。

 本作は、公道を全開走行で駆け抜ける最も過酷な自動車競技「ラリー」を題材に、若者たちの熱い絆と愛を描く、完全オリジナルのヒューマンエンターテインメント作品。メカニック兼エンジニアの主人公・檜山篤洋を東出が、篤洋の弟で天才ドライバー・直純を新田が演じる。

 公開を目前に控えて、今の心境を東出は「こんなに200%の本当に自信があって、映画観た後に、絶対皆いい気持ちで帰れると思う映画はなかなかないので、今は満足感に満ちあふれています!」と自信を見せた。新田は「この日をすごく待っていたので、皆とこの場に立てることがすごく幸せです」と語った。

 東出は「羽住組が、楽しみながら映画を撮るお祭りのような一体感を持った組だった」と話し、さらに「監督がよく言う『バカになれ』って言葉が好きで。役者バカやバカ正直だったり、そのバカになることってすごい強いなって。バカの純粋性っていうのは嘘がない、そういう作品にしたかった」と熱弁。「歳を重ねると壁を作ってしまいがち。でも太陽みたいなマッケンは、会った瞬間にいきなりハグをしてきて、『兄貴よろしくな!』って言ってくれたので、マッケンの朗らかさもありましたし、共演者に恵まれて、本当にバカみたいに熱くなりながら撮りました」と撮影を振り返った。

 東出に抱きついた理由について、新田は「台本を読んだ瞬間に、『これは兄貴に抱きつくしかない!』と思いました」とニッコリ。さらに、「北九州で撮影中に皆でごはんに行った時に、監督と一緒に号泣して『僕はこういう思いで演じたいんです!』って。監督は『こういう思いで撮りたいんだ!』って話をして、2人で号泣していたら、それを冷たい目で兄貴に見られました」と明かし、会場を笑わせた。

 また、MCから東出が兄役でよかったか?と聞かれると「よかったです」と即答し、「メカニックと聞くと、ちょっと地味なイメージがあると思うんですけど、すごくカッコいい兄貴がいます。両方に光が当たるような映画は今までなかったと思うので、また新しい素晴らしい映画ができました」とアピールした。

 最後に、東出は「車の映画だと思われると思いますけど、僕はこの映画は逆境に立ち向かう人たちの話だと思います。逆境を経験していていない人は誰もいないと思います。その逆境に立ち向かう勇気を与えられる映画だと思うので、気持ちをまっさらにして、羽住監督の疾走感のある作品をぜひ楽しんでいただけたらと思います」とメッセージを送った。

映画『OVERDRIVE』
6月1日(金)公開

<ストーリー>
世界最高峰のラリー競技・WRC(世界ラリー選手権)の登竜門として、若き才能たちがしのぎを削る国内トップカテゴリーのSCRS(SEIKOカップラリーシリーズ)。スピカレーシングファクトリーとライバルチームの熾烈な優勝争いは激しさを増していた。スペシャルステージで競われるのは、コンマ1秒の世界。「攻めなきゃ、勝てねーから!」WRCへのステップアップを目指すスピカ所属の天才ドライバー・檜山直純(新田)。真面目で確かな腕を持ち、チームに貢献するメカニックの兄・檜山篤洋(東出)の助言を無視し、リスクを顧みない、強気なレースを展開する。ラウンド毎に衝突を繰り返す2人。いつしか、チームにも険悪なムードが漂い始め……。そんなある日、素行の悪い直純の新しいマネジメント担当として遠藤ひかるがやってくる。なんの知識もなく、完全に場違いな、ひかる。彼女を待ち受けていたのは、檜山兄弟の確執に秘められた過去、そしてチーム全員を巻き込む試練だった。

出演:東出昌大、新田真剣佑、森川葵、北村匠海、町田啓太、要潤、吉田鋼太郎
監督:羽住英一郎
脚本:桑村さや香

公式サイト:http://overdrive-movie.jp/

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える