• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

D・フジオカ&M・ロバートソン&安藤忠雄が“価値観”を語り合う『ボクらの時代』6・3放送

『ボクらの時代』 6月3日(日)放送の『ボクらの時代』(フジテレビ系)に、ディーン・フジオカ、モーリー・ロバートソン、安藤忠雄が出演する。

 今回のゲストは、フジテレビ系連続ドラマ『モンテ・クリスト伯』に出演中の俳優・ディーン・フジオカ、国際ジャーナリスト・モーリー・ロバートソン、建築家・安藤忠雄というそれぞれ国際的な舞台で活躍中の3人。

 ディーンの「とにかくお会いしたかった…テレビ、雑誌、インターネットの記事などでお名前があったら、とにかく見逃せない、気になって仕方がないお二人」というラブコールに二人が応え、この初てい談が実現した。舞台となったのは、100年以上前の建物を安藤がリノベーションした「国際子ども図書館」。

 高校卒業後、単身渡米したディーン。逆に、幼少期にアメリカから日本へやってきたモーリー。プロボクサーを経て、独学で建築を学び、現在も常に数か国にある現場を同時に手掛けている安藤。一見つながりのなさそうなメンバーだが「いい作品とは?」「喜びのある仕事は相手もそれを感じる」といった仕事観に始まり、家族のこと、日本文化のこと、さらには最近のテレビ番組についてまで、話すほどに世代、国籍を超えた共通の価値観が見つかり、議論が深まっていく。

『ボクらの時代』
フジテレビ系
6月3日(日)午前7時~7時30分放送

<出演者>
ディーン・フジオカ
モーリー・ロバートソン
安藤忠雄

©フジテレビ

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える