• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

錦戸亮が科捜研の男に!『トレース』で“月9”初主演

『トレース~科捜研の男~』 2019年1月期の“月9”ドラマが、錦戸亮主演『トレース~科捜研の男~』に決定した。

 本作は、元科捜研の研究員という異色の経歴を持つ漫画家・古賀慶による「トレース~科捜研法医研究員の追想~」を原作に、実際に起きた事件や経験をベースにリアリティーたっぷりに描く本格科捜研サスペンス。主演は“月9”初主演となる錦戸亮。そして、新木優子、船越英一郎が脇を固める。船越は“月9”初出演となる。

 錦戸が演じる真野礼二は、ある陰惨な過去を持つ影のある科捜研法医研究員。「鑑定結果こそが真実」で、他の研究員とは一線を画し、いつも冷静沈着。主観や憶測を排除し、鑑定結果から得られる客観的な真実のみを信じ、刑事であろうと容赦なく反論、闇に葬りさられようとしている真実のかけらを見つけ、亡くなった被害者の想いや無念を明らかにしていく。

 新木が演じるのは、科捜研新人法医研究員・沢口ノンナ。何の目的もなく科捜研の世界へと足を踏み入れてしまい、遠い世界の出来事だと思っていた殺人事件に関わることになり、真実を追い求めるあまり“暴走”する真野に巻き込まれ、結局は手伝わされる羽目に…。

 船越が演じるのは、真野とは全く逆で、長年の刑事の勘を頼りに事件を捜査し、犯人を逮捕することに情熱を注いでいるベテラン刑事・虎丸良平。所轄から警視庁捜査一課へ異動した叩き上げ刑事で、所轄時代からの現場魂が今も抜けず、上司やまわりの意見を聞き入れない独善的な捜査をする。部下や科捜研の真野らにきつく当たるが、根底には真野と同様、被害者のことを思う人情もある。そんな虎丸は、真野が事件に隠されている真実を求め奮闘する姿を見て心が動かされていく。

 脚本は、『鍵のかかった部屋』や『人は見た目が100パーセント』を手掛けた相沢友子。演出は、『鍵のかかった部屋』『信長協奏曲』『LIAR GAME』などで知られる松山博昭らが担当する。

<錦戸亮 コメント>

◆フジテレビ月9初主演となりますが、オファーを聞いたときの感想を教えてください。

「(オファーを)言っていただけてすごくうれしいことですし、一生懸命頑張らなくてはと思います」

◆『トレース~科捜研の男~』というタイトルの感想は?

「大丈夫なんですか?(笑)。科捜研といえば『科捜研の女』が出てきますし、イメージ強いんで。対抗したいというわけではありませんし、あそこまで長く続く番組ということは魅力がある番組でしょうし、負けないような魅力のある番組になればいいと思います」

◆真野礼二というキャラクターについてどのように感じていますか。

「冷たく見えて実は熱い、ということでしょうけど。原作とドラマになったときの真野というキャラクターがどれくらい一緒になるか分かりませんが、毎週見てておもろいな、と思えるキャラクターがそれぞれ出てきたらいいですし、ドラマはドラマで一生懸命作りたいと思います」

◆視聴者へ意気込みメッセージを

「そうですね!頑張らないといけないです。科捜研、といえば事件ですからいろんなことが起こるでしょうし、事件の中にも隠されたいろんなことが、いろんな理由があって起きているというのを暴いていくのが僕らですから。本当の理由を探すところでのプロセスもこのドラマの面白さになっていくと思うので、いろんな世代の方がシンプルに毎週月曜日を楽しみにしてくれるようなドラマになれるよう、一生懸命頑張ります!」

<新木優子 コメント>

◆フジテレビの月9は連投となりますが、オファーを聞いた率直な感想は?

「続けて出させていただけてうれしかったです。職業が、去年は医者で今年はパラリーガル、次は科捜研の新人研究員ということで、また新しい自分を見せていけたらと思っています」

◆『トレース~科捜研の男~』というタイトルの感想は?

「『トレース』という題名だけを最初伺っていたのですが、原作とまた違った色が、ドラマ・映像になることによって出せるタイトルになるのではないのかな、と。映像は映像で楽しんでいただけるような作品になればいいな、と思います」

◆ノンナを演じる上で、気をつけたいこと、こだわりたいところは?

「現場も違いますし、毎回新鮮な気持ちでやらせていただいているので、作りこむというよりは、その場で感じたものをしっかりと自分の中に落とし込んで役として作品の中で生きられるようにしたいと思います」

◆視聴者へ意気込みメッセージを

「『トレース~科捜研の男~』の映像の中の楽しみというかキャラクターの違いだったり、実写化になったからこそ楽しめる作品の素敵な部分をこれから作っていきたいと思うのでぜひ楽しみにしていただければと思います」

<船越英一郎 コメント>

◆意外にもフジテレビの月9ドラマは初出演となりますが、オファーを聞いたときの率直な感想は?

「ほぼ縁がない世界で生きてきたからね。月9にあんまり崖とか出ないよね(笑)。来た!と思ったんですけどね。ついにロマンチックなあの伝統の月9で、初老の男の恋話でもやれるのかな、と思ったんですけど、世の中そんなに甘くはない、と。」

◆『トレース~科捜研の男~』というタイトルの感想は?

「『科捜研の女』は十数年続いているわけですからね。俺は十数年経つと70越えか(笑)。でもそのくらい長寿番組になれるほどの魅力を俺たちも作っていきたいね。背筋を伸ばすというか、姿勢を正すというか。はっきり言えばプレッシャーを背負ったな、という感はあります。ま、でも、科捜研の男は亮ちゃんだからさ!俺たちはこのタイトルで少し安心するという。このドラマは亮ちゃん次第だな!(笑)」

◆サスペンスの帝王と呼ばれるほど、刑事として難事件に挑むのは慣れていると思いますが、今回の虎丸刑事役についてはいかがですか?

「設定は定年間近の老刑事。いつかやるときがくると思っていましたし、いつかそこに行きたいと思っていましたけれども、実はその影を背負ったのは初めてですから。所轄からの叩き上げでやっと警視庁まで行ったけれども、恐らくもう出世もない、自分の未来がしっかり見えてしまった中で、そこまでキャリアを積んできた職業人としての刑事は一体何を考え、感じ、何を思うのだろうということを同世代の方に共感していただけるような刑事像を作っていきたいと思っています」

◆視聴者へ意気込みメッセージを

「オーソドックスな刑事ドラマとは一味も二味も違う、やはりフジテレビさんが、月9が作ると刑事ドラマもこうなるんだ、というような、そんな作品を皆さんと一緒に作っていけたら、と。僕もサスペンスをずっと自分のフィールドワークというか生業にしてきましたが、新しい地平を皆さんにお見せできるのではないか、また僕もそれを見る旅に一緒に出られたらな、と思っております。何はともあれ錦戸亮次第です!(笑)」

<原作・古賀慶>
「当然のことながら、漫画は原作者一人でつくることはできません。多くの方々のご指導、ご協力があってどうにか連載を続けています。さらに多くの表現者の方々の力が集まってドラマが制作されることとなり、その一端を担えますことをとても光栄に思います。
脚本を読ませていただきました。スピーディーでスリリングな展開、感動的だったり、クスッと笑えるシーン。ここにさらに演出が加わり、魅力的な役者さんたちがキャラクターに命を吹き込む。そうしてドラマが完成すると想像するだけでワクワクします。一視聴者として、今から放送が楽しみです。
原作はこれから、クライマックスに向けてさらに面白くなってまいりますので、こちらもよろしくお願いします」

<プロデューサー:草ヶ谷大輔(フジテレビ第一制作室)>
「初めてこの『トレース』という原作を読ませて頂いたとき、今まで抱いていた科捜研のイメージが覆されました。
ただ直向きに真実究明のために鑑定する研究員たちの姿はまさに“ヒーロー”そのものでした。実際に古賀先生にお会いした際にも、研究員時代、「犯人を捕まえたい」「真実を明らかにしたい」という想いで犯人や被害者が残した痕跡・証拠品を鑑定していたとお聞きし、これは新たなヒーロー像が作れると確信しました。
そんな主人公・真野礼二には正義感だけではない、陰惨な過去をまとったミステリアスさがあります。映像化にあたり、真野役のキャスティングで真っ先に頭に浮かんだのが錦戸さんでした。容姿端麗だけではない、男の色気とお芝居でみせる奥深い表情をお持ちの錦戸さんなら、正義感とミステリアスさの中にも哀愁や憂いを持った主人公・真野礼二にして頂けると思いました。個人的にいつかご一緒してみたいと思っていた俳優さんだったので、今から撮影が楽しみです。
また、新人研究員のノンナは、このドラマにおける視聴者の皆様の目線です。同世代の方々のカリスマ的な存在である新木優子さんなら皆様から愛され、共感されるキャラクターにして頂けると思い、今回オファーさせていただきました。『コード・ブルー』『SUITS/スーツ』とはまた一味違う等身大の新木優子さんをお楽しみください。
そして、叩き上げの暴れん坊ベテラン刑事、虎丸役には、数々の作品で刑事役を演じてこられた百戦錬磨の船越英一郎さんしかいないと思いました。視聴者の皆様から「こんな船越さん見たことない」と言って頂けるような虎丸刑事を監督とともに目指していきたいと思います。また、錦戸さん演じる真野と虎丸のハラハラドキドキするぶつかり合いにもぜひ、ご注目ください」

『トレース~科捜研の男~』
フジテレビ系
2019年1月7日(月)スタート
毎週(月)午後9時~

<出演>
錦戸亮
新木優子

船越英一郎
ほか

<原作>
「トレース~科捜研法医研究員の追想~」
原作:古賀慶(ノース・スターズ・ピクチャーズ「月刊コミックゼノン」連載)

<スタッフ>
プロデュース:草ヶ谷大輔(『コンフィデンスマンJP』『民衆の敵』『ラヴソング』他)
熊谷理恵(大映テレビ)
脚本:相沢友子(『鍵のかかった部屋』『人は見た目が100パーセント』他)
演出:松山博昭(『鍵のかかった部屋』『信長協奏曲』『LIAR GAME』他)
相沢秀幸(『グッドドクター』『隣の家族は青く見える』『民衆の敵』他)
三橋利行(FILM)(『コンフィデンスマンJP』ヤングシナリオ大賞2016『俺のセンセイ』他)

制作:フジテレビ

公式HP:https://www.fujitv.co.jp/trace_drama/

©古賀慶/NSP 2016
©フジテレビ

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える