• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

「ギャングース」渡辺大知×高杉真宙×加藤諒のレコーディング映像解禁

映画「ギャングース」 11月23日(金)公開の映画「ギャングース」から、タケオ(渡辺大知)、サイケ(高杉真宙)、カズキ(加藤諒)のユニット“The Gangoose”が歌う主題歌「CRYBABY」の収録メイキング映像が解禁された。

 本作は「モーニング」で連載され、高い人気を獲得した漫画・肥谷圭介×ストーリー共同制作・鈴木大介による青春漫画を実写映画化。“タタキ”専門の窃盗団の情報収集・標的選定担当のサイケ(高杉真宙)、工具全般担当のカズキ(加藤諒)、車両・機動担当のタケオ(渡辺大知)が、半グレ系アウトローたちによる犯罪営利組織カンパニー「六龍天」を相手に殺るか殺られるかの壮絶なバトルを繰り広げる。監督は入江悠。

 本作の主題歌のために結成されたユニット“The Gangoose”が歌う「CRYBABY」はタケオ役の渡辺による作詞・作曲・プロデュース、メインボーカルによる書き下ろし楽曲で、サイケ役の高杉とカズキ役の加藤もコーラスで参加していることが話題を呼んだが、レコーディングの模様を収めたメイキング映像が解禁された。

 映像は、作詞・作曲・メインボーカルそしてプロデュースの渡辺が、収録スタジオに集まった高杉と加藤に、バンド名や楽曲、この曲に込めた想いを説明するシーンから始まる。レコーディング経験が少ない高杉と加藤へ、「映画のイメージとかメッセージを含んだ上で、映画のことを意識しすぎずと思って作った」との語る渡辺に、2人は息ぴったりに笑顔で拍手。そんな中、3人別々の音程でのハモりがあることを知ると、「つられちゃいそう…」と不安そうな高杉と加藤。しかし、レコーディングが始まると軽快なロックチューンに全員ノリノリ。和気あいあいと収録に挑む3人はまるで兄弟のようで、絆の深さを感じることができる。

 収録後渡辺は「この映画に対する想いを、自分の持ってる力を注げるだけ注ぎこんで作りこんでおります!めちゃくちゃ楽しんでレコーディングしました!」と笑顔。加藤は「こういう男くさくって、汗の匂いが漂ってくるような曲はあまり歌ったことがなかったから、歌ってて気持ちよかった!男の魂というか…やっぱロックっていいっすよね!」と興奮冷めやらぬ様子。そして高杉も「初めて聴いたときに自分が撮影したときの記憶が巡ってくる感じがあったり、大知君から“サイケっぽく”と言ってもらったりして、それがすごく新鮮で…めちゃくちゃ緊張していたんですけど、楽しくできたんじゃないかな。早く皆さんに聴いてほしいです!」と語っている。

 “The Gangoose”が歌う「CRYBABY」は11月15日より配信限定でリリースされる。

「ギャングース」
11月23日(金)TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー

<キャスト>
高杉真宙 加藤諒 渡辺大知(黒猫チェルシー)
林遣都 伊東蒼 山本舞香 芦那すみれ 勝矢/般若 菅原健 斉藤祥太 斉藤慶太
金子ノブアキ 篠田麻里子 MIYAVI

監督:入江悠(『22年目の告白-私が殺人犯です-』『ビジランテ』『SRサイタマノラッパー』シリーズ)
脚本:入江悠 和田清人
原作:肥谷圭介・鈴木大介「ギャングース」(講談社「モーニング」KC所載)
製作・配給:キノフィルムズ/木下グループ
制作プロダクション:アミューズ+パイプライン

公式サイト:gangoose-movie.jp

©2018「ギャングース」FILM PARTNERS©肥谷圭介・鈴木大介/講談社

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える