• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

真壁刀義&内山信二、恐怖の飛行機ドッキリで大パニック

『芸能人が本気で考えた!ドッキリGP』『芸能人が本気で考えた!ドッキリGP』(フジテレビ系)が11月24日(土)午後8時から放送される。

 初回放送の「シャワー中に上からお化け」、前回放送の「タクシー運転手がのっぺらぼう」でナイスリアクションを見せたワタリ119。連日のドッキリで、さすがに多少警戒すると考えた番組スタッフが今回仕掛けたのは、黒沢かずこ(森三中)考案の「自宅にフィリピンオオコウモリ」。

 帰宅後、完全にリラックスモードになっていたワタリだが、突然、クロゼットから体長およそ1.5メートルの巨大コウモリが出現。スタジオの岡副麻希 「(心底驚くと)人ってこうなるんですね(笑)」とコメントしたドッキリスターのリアクションとは。

 往年の名作ドッキリのVTRを楽しそうに振り返っていた“ドッキリクリエイター”恵俊彰の「セスナは今もうすぐにできるんじゃないですか!?」というひと言から行われたドッキリは「小型飛行機大パニック!?上空3,000フィートの恐怖!!」。

 舞台は九州・大分県。ご当地の名産品“カボス”でもうけた大富豪が住む豪邸訪問をリポート、というニセ企画で呼ばれたターゲットは2人。1人目は、“暴走キングコング”の異名を持つプロレスラー・真壁刀義(新日本プロレス)。「“カボス御殿”へは、この小型飛行機で向かいます!オレの生き様をしっかり見届けろ!」と威勢良く大空へ飛び立ったが、「あら、なんかおかしいな」というパイロットのひと言からドッキリがスタート。そこから「プロペラ停止」「機体から発煙」「操縦かんがすっぽり抜ける」など、次々とトラブルが襲いかかる。「え、ウソでしょ!?あ~無理! 助けてー」と絶叫する真壁の運命は…。

 2人目のターゲットは内山信二。「内山君の“素”は若干“やから”(笑)」というMC・東野幸治の補足情報もあって、がぜん盛り上がる小池栄子さんとゲストの面々。

 数々のトラブルを乗り越え、どうにか無事に生還した直後の内山に「ドッキリでした」と伝えると、ぐったりした表情で「僕、(もともと)子役で、かわいいキャラでやってきたので…(でも)途中シャレにならない顔して。キレた37歳のおじさんですよ」とボヤくのが精いっぱい。大パニックで、思わず素が出てしまった内山のリアクションに注目だ。

<岡副麻希 収録後コメント>
◆先日の初回SPでは“秒でムック”で引っかけられてしまいましたが、いかがでしたか?

「ガチャピン・ムックは、小さいときにポンキッキの収録を観覧しに行ったことがあったので、そこでは見たことがあったのですが、このお仕事を始めてからは共演したことがなくて…突然目の前に(ムックが)現れることなんか想像もしていなかったので、なんだかとっさに“ガチャピン?”“ヌック?”って、出てしまいました(笑) 本当に予想外でした」

◆今回はスタジオで見る側でしたね。

「“引っかけられる側”の時は、“えっ!?”という感じで、本当にあっという間に終わってしまうのですが、今日はVTRを見ながら“あぁ、知らないで歩いているな。来るぞ来るぞ(笑)”って。愉快な気分で見ることができました。もともと、“バカ殿”で、廊下を歩いていたら上から桶が落ちてくる、みたいな分かりやすい、単純なものがすごく好きで…。でも今日見た小型機のような凝ったものも面白いなって思いました。空で何か起こったら、絶体絶命じゃないですか。そんなドッキリって、(かけられた人は)どういう状況になるんだろうって思いながら見ていたのですが、すごく素の部分が見られましたね(笑)。最近のテレビって、放送できないこともいっぱいあるかと思うのですが、そんな中でもこのドッキリはぎりぎりのところを攻めていて楽しいですね!」

『芸能人が本気で考えた!ドッキリGP』
フジテレビ
11月24日(土)午後8時~9時

<出演者>
MC:東野幸治、小池栄子

ドッキリクリエイター:恵俊彰

スタジオゲスト:おかずクラブ、岡副麻希、柳原可奈子
※50音順

公式HP:https://www.fujitv.co.jp/dokkirigp/

©フジテレビ

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える