• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

杉咲花『アタル』の現場でバレンタインプレゼント!“ほろ苦い思い出”も告白

©テレビ朝日

©テレビ朝日

 杉咲花が2月12日、テレビ朝日系主演ドラマ『ハケン占い師アタル』((木)後9・00)の撮影現場で共演陣に“バレンタインプレゼント”を渡した。

 同ドラマは、杉咲演じる派遣社員・的場中ことアタルが“あらゆるものが見える特殊能力”を駆使し、悩み多き働く人々と会社を変えるお仕事コメディ。脚本は、『家政婦のミタ』などを手掛けた遊川和彦。

 2月14日のバレンタインデーを前に、杉咲は小澤征悦、志田未来、間宮祥太朗、志尊淳、野波麻帆、板谷由夏、及川光博にそれぞれが演じる登場人物の似顔絵クッキーとパーソナルカラーをまとった花をプレゼント。愛がたっぷり詰まった贈り物で、現場の士気を高めた。

「一時期、毎年クッキーを作って、友達に渡していた」という杉咲は、「高校2年のときに周りから『それはホワイトデーに渡すものじゃないか?』と言われて…。そのときに、バレンタインデーはチョコレートをあげる日なんだって知りました」と告白。「ほろ苦い思い出です」と恥ずかしそうに苦笑した。

 2月14日放送の第5話では、いつもピリピリモードの正社員・田端(野波)に部長の代々木(及川)が“余計な仕事”を押し付ける。その内容は、“女性躍進プロジェクト”のモデルケースとして社内報の密着取材を受けるというもの。渋々従う田端だったが、代々木からの度重なるセクハラ発言でついに感情が爆発。そんな田端にアタルが投げかける“厳しくも愛のある言葉”とは…!?

<共演陣がバレンタインデーのエピソードを語ったコメント>
■小澤征悦
 学生時代、いつもは女の子とただ廊下ですれ違っても何とも思わないのに、バレンタインデーだけはドキドキしちゃってね(笑)。チョコだけにほろ苦い思い出が多いです!でも、チョコもビターな方が味わい深いように、人生もほろ苦い方がより深みを増すんじゃないかな(笑)。もちろん、チョコを頂けたら、うれしいですよ。学生時代は通算10個ほど頂きましたが、勇気を出して渡してくれた女性には本当に感謝しています。

■志田未来
 私の中でバレンタインデーはないものに等しいんです(笑)。でも、母親が毎年、私の好きなチョコをくれるので、それはいつも楽しみにしています。実は、今年も2週間ほど前に、既にもらいました。でも、ちょっと高級なチョコなのでもったいなくて、まだ1粒も食べられず、冷蔵庫に保管してあります(笑)。

■間宮祥太朗
 小学3年のときに転校し、新しい学校で好きな子が出来たんです。その後、小学6年のバレンタインデーに、その子からチョコをもらったんですよ。ホワイトデーのお返しをするときに、周りから「行け、行け!」と囃し立てられて告白しました。付き合うという話までは発展しなかったけど、いい思い出です。

■志尊淳
 学生時代のバレンタインデーに、駅で好きな人から手作りのお弁当を渡されたんです。それがとてもうれしくて、今も覚えています。

■野波麻帆
 小学1年生のとき、気持ちばかりが先走って、朝7時くらいに好きな男の子の家に行ったんです。寝起きの状態で出てきてくれて、ちゃんと受け取ってくれたんですけど、今振り返ると、だいぶ迷惑だっただろうなって…(笑)。そんな思い出があります。

■板谷由夏
 うちの長男はチョコレートがあまり好きではなく、ずっと食べられなかったんです。でも、4歳のときのバレンタインデーに手作りのガトーショコラをあげたら、初めてチョコレートを食べて…!母として、とても思い出深いバレンタインになりました。今年もできれば作ってあげたいな、と思います。

■及川光博
 デビューして間もない頃、驚くほど大量のチョコが届きまして…。で、ベイベーたち(=ファンの皆様)に伝えたんです。「ありがたいけど…さすがに食べきれないから、お手紙だけでいいよ。なんなら実用的な靴下1足とかで(笑)」って。それ以来20年以上、靴下を買ったことがありません。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える