• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

池上彰が2017年の“変化”を解説!『池上彰のどーなる?ジャーナル』1・1放送

95405_01_r ニュースの達人・池上彰が、2017年がどんな年になるのかを「変わる」という視点からわかりやすく解説する報道番組『2017年の“変わる”が分かる!池上彰のどーなる?ジャーナル』がMBS にて1月1日(日)の後2・30から放送。

 2014年に始まり、4回目となる『池上彰のどーなる?ジャーナル』。政治・経済・国際・社会さまざまな分野から、2017年に世界や日本、そして私たちの暮らしで、どんなことが起き、どんな変化があるのかを池上が解説する。今回は、ロシアのプーチン大統領とアメリカのトランプ次期大統領による日本の領土問題への影響や中国の宇宙開発などについて池上が解説。また、人工知能を搭載したロボット漫才師が「日ロ首脳会談」をテーマにした漫才を披露し、山里亮太が「嫌なライバル出てきた!」と警戒(?)するひと幕も。

 また、“池上彰の弟子”を名乗る山里が「どうにかしてよ」という社会問題に斬りこむコーナー「山里亮太の『どーにかしてよ!ジャーナル』」では、“政務活動費のネコババ”や“日本は電柱が多すぎる!”“大阪が詐欺集団に狙われすぎ!”など、「2017年、これだけは変えたい」テーマについて、池上のアシストを受けながら解説。山里なりの解決策を提示する。

<出演者コメント>
◆池上彰
2016年はトランプ旋風がおき、日本にも思わぬ風が来た。2017年はトランプさんがいよいよ大統領になる年。ヨーロッパにも自分の国さえ良ければいいというミニトランプとも言うべき人たちが出てきているが、ロシアのプーチン大統領と(トランプ氏)の仲、ロ米関係が良くなれば日本の立ち位置が問われることになる。AI(人工知能)は我々がどう使うのかによって仕事や働き方が変わる。AIをどう活かすのかも問われる1年になるのではないかと思います。

◆桂南光
中国は一番近い国だけど、いろんな意味で力を持ってきてる。付き合い方を考えんといかん。

◆赤江珠緒
大阪万博がどうなるのかが非常に気になります。

◆山村紅葉
豪華列車(番組で取り上げたトワイライトエクスプレス瑞風のこと)に乗ってみたい! あと、(山里亮太の「どーにかしてよ!ジャーナル」の内容を受けて)京都の電柱は埋めてほしいです。

◆石田英司(MBS元報道デスク)
トランプさんが大統領になるとは誰も思ってなかった。2017年も何か思ってもいないことが起きるかもしれないと思って過ごさないといけないのかな。

◆山里亮太
最後のコーナー(自身が進行した「山里亮太のどーにかしてよ!ジャーナル」)をやったことは自分が一番ビックリしてます。

『2017年の“変わる”が分かる! 池上彰のどーなる?ジャーナル』
MBS
2017年1月1日(日)午後2・30~5・45

ナビゲーター・解説:池上彰
ゲスト:桂南光、山村紅葉、赤江珠緒、山里亮太、石田英司(MBS元報道デスク)
アシスタント:山中真(MBSアナウンサー)

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える