• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

ビートたけし主演、テレビ東京ドラマ「破獄」2017年放送決定

98653_01_R ビートたけしが、テレビ東京系で2017年に放送されるドラマ特別企画「破獄」で同局のドラマ初出演で主演を務めることが決定。読売文学賞を受賞した吉村昭の同名小説を、脚本・池端俊策、監督・深川栄洋(『白夜行』『神様のカルテ』)で30年ぶりにドラマ化される。

本作は、脱獄阻止のエキスパートであり、監獄の守り神として絶対的自信を持つ看守部長・浦田進(ビートたけし)と、緻密な計画と大胆な行動力、そして無尽蔵の体力を武器に、犯罪史上未曾有の脱獄を繰り返した無期懲役囚との奇妙な共生関係を通して、「命とは何か」「生きるとは何か」そして、「人と人の絆とは何か」を描く、究極の脱獄&追跡エンターテインメント。

たけしは「いつものように監督に言われた通り、精一杯演じるつもりでいますが、『破獄』という物語は、“生きる”という深いテーマ性がある作品なので、うまく演じきれるか少し緊張しています。 クランクインして間もないですが、頑張っていきます」とコメントした。

ドラマ特別企画「破獄」は2017年放送予定。豪華共演者は順次発表される。

◆イントロダクション◆
震災で妻と子どもを失い、生きる張り合いを無くし、脱獄阻止だけに命を燃やす一人の看守・浦田進。そんな彼の前に現れる一人の無期懲役囚の無尽蔵の生命力と、「何があろうと生きてやる」という圧倒的なまでの意思は、時に看守を苛立たせ、やがて大きく突き動かしてゆく……。戦前から戦後にかけた、人情派看守と天才的破獄犯の闘いが始まる!

【タイトル】テレビ東京ドラマ特別企画「破獄はごく」
【放送日時】2017年放送
【放送局】テレビ東京、テレビ北海道、テレビ愛知、テレビ大阪、
テレビせとうち、TVQ九州放送
【主演】ビートたけし
【原作】吉村昭『破獄』(新潮文庫刊)
【脚本】池端俊策『夏目漱石の妻』『足尾から来た女』『イエスの方舟』
【監督】深川栄洋『白夜行』『神様のカルテ』『偽装の結婚』
【プロデューサー】田淵俊彦(テレビ東京)
川村庄子(テレビ東京)
浅野敦也(ドリマックス・テレビジョン)
橘康仁(ドリマックス・テレビジョン)
【協力】オフィス北野
【制作協力】ドリマックス・テレビジョン
【製作著作】テレビ東京
【番組ホームページ】http://www.tv-tokyo.co.jp/hagoku/

©テレビ東京

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える