• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

伊藤ゆみインタビュー「プロとしての責任感を表現できれば」『コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~』に出演

伊藤ゆみインタビュー「プロとしての責任感を表現できれば」『コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~』に出演

話題の“月9”ドラマ『コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~THE THIRD SEASON』(フジテレビ系)に出演中の伊藤ゆみさんにインタビュー。“飛行機好きのオタクキャラ”町田響子を演じるに当たっての思いや、撮影現場の様子などを伺いました!

伊藤ゆみインタビュー

◆“月9”に出演することが決まった時の心境を教えてください。

「月9」に出られると聞いて、まず最初に驚きました。昔からたくさんの月9ドラマを見てきていましたし、喜びを通り越して、まだ実感が湧かない状態で、本当に今回参加できることがとても楽しみです。
特に、「コード・ブルー」は1st、2ndシーズンも見ていたドラマなので、まさかこのドラマに出られるとは!そして、どんな役で出るのだろう?と思いました。

◆コミュニケーションスペシャリスト(CS)として、前作からキャストが変わる中で、緊張感などはありましたか?

遊井亮子さんが演じていた聖子さんは、網タイツを履いていてセクシーな役柄。ドラマの中で恋愛シーンもあったので、そういったセクシー担当なのかな?と思っていたら、私が演じる町田響子は“飛行機好きのオタクキャラ”という新しいキャラクターになっているので、聖子さんの時とは違う面白さを出していけたらいいなと思ってます。
私自身も実際に飛行機に乗るのも好きですし、空港にいるのも好きですが、今回飛行機のプラモデルを作るシーンがあり、作るのは初めてのことだったので、CSのシーンよりもプラモデルを作ることに対して緊張してしまいました(笑)

◆今回の職業は特殊な職業だと思いますが、演技で意識している部分はありますか?

今まで私が演じてきた役は日常の中にいる誰かで、非常に身近で役のイメージを作りやすい状況でした。今回は専門職で特殊な環境や専門用語も多くあるので、ドキュメンタリー作品などを拝見して、用語などを勉強し、自分が演じるCSのイメージを膨らませてリアリティにこだわりながら、プロフェッショナルとしての責任感を表現できればと思いました。また、一人で無線で指令を出しているポジションなので、部屋の先にいる相手を意識して独りよがりにならないように演じています。

◆医療ドラマということで、他のドラマと比べて撮影現場での緊張感などは違いますか?

やはり、医療関係のドラマは、リアリティが大事だと思うので言葉をきちんと使わないといけないですし、立ち居振る舞いについても、リハーサルからプロの方の指導がきちんと入って進行していますが、カメラがカットになった時は本当に和やかな雰囲気で、すごく気持ちいいです。今回新しく私も参加させていただきましたが、チームの仲が良く、一員としてすぐに受けいれてもらうことができました。
私は今回が3回目の収録で、私自身、人見知りのほうなのですが、すごく気さくな方が多くて安心して臨んでいます。

伊藤ゆみインタビュー

◆撮影中の思い出などはありますか?

浅利陽介さんが、私の最初の収録の時に、「伊藤ゆみってどう書くの?」と聞いてこられて、ペンを渡されたんです。書こうと思ったら電気が流れるペンで、びっくりしましたが、こうしたことで一気に距離感が縮まる感じがして、今後たくさん面白いことがありそうな気がして、ますます撮影が楽しみになりました(笑)

◆ドラマのレギュラーは久々ですが、気持ちの変化はありますか?

ゲスト出演の時は、他の演者さんに迷惑をかけないようにしながら、いかに存在感を出すか、与えられた役柄を演じきれるかを意識していますが、レギュラーの際には、一緒に作品を作り上げていく喜びや、一話ごとに撮影のチームワークが出来ていく毎回新しい発見もあるので、楽しんで過ごせるところです。

◆今回の見どころは?

私が演じる町田に関しては、飛行機好きの女性ということで天職に就けていて、その中でいろんな人に関わっていく中で、プラモデルを作っているオタクな一面がチャーミングだったりもしますし、ドラマ全体としましても、前シーズンに増して見どころも多く、藍沢(山下智久)や白石(新垣結衣)などそれぞれの道に進んだメンバーたちがどういう形でまた交わっていくのか。そして私がどのように絡んでいくのかぜひ見ていただければと思います。

◆それでは最後に、“伊藤ゆみ”としての目標を教えてください。

いろんな活動をする中で、表現する事はアーティストでも、女優でも共通する事だと思いますが、その中でも最近は演技に注力しています。演技のすごく楽しいところは、自分じゃない人の人生を歩めるところで、つい最近も母親役を演じて、自分に子供がいる設定は初めてでしたが、疑似体験として母親の気持ちを感じたり、理解したりと楽しみながら演じました。もっといろんな人の人生を歩んでみたいと思いますし、今までは良い人の役をやりたいと思っていましたが、悪女とかこれまでやっていない役をむしろ楽しんでやっていければと思っています。

 

■PROFILE

いとう・ゆみ…1984年8月25日生まれ。
1999年、韓国でスカウトされ芸能界入りを決意。単身韓国に渡り、2年間のレッスンを経て、sugarとして韓国でデビュー。韓国のみならず、日本においてもCDリリースし、韓国・日本にて活動。Sugar解散後、Ahyoomee名義でソロとしての活動を経て、拠点を日本に移し、伊藤ゆみとしてCM・映画にドラマに多数出演。
2009年1月にアメリカ・ロサンゼルスに留学。2009年12月、EXILE ATSUSHIをフィーチャリングに迎えた「I’m lovin’you」でアーティスト・ICONIQとして配信デビュー。資生堂『マキアージュ』TVCMにも出演。2010年12月には「第52回 輝く!日本レコード大賞」にて新人賞を受賞。

 

■番組情報

『コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~THE THIRD SEASON』
フジテレビ系
毎週月曜午後9時~9時54分

番組サイト:http://www.fujitv.co.jp/codeblue/

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える