キートン山田が来年3月で『ちびまる子ちゃん』を卒業 30年以上ナレーションを担当 | TV LIFE web

キートン山田が来年3月で『ちびまる子ちゃん』を卒業 30年以上ナレーションを担当

アニメ
2020年12月06日
キートン山田
キートン山田

アニメ『ちびまる子ちゃん』(フジテレビ系)で1990年の放送開始から30年以上もの長きにわたりナレーションを務めてきたキートン山田が番組を卒業することが発表された。

“後半へつづく”や“もっともな意見である”など、数々の名言をクールな口調の中にも温かみのある優しい雰囲気で『ちびまる子ちゃん』を彩ってきたキートン山田。

今回、本人より申し出があり、番組卒業が決定。新しいナレーターは今後、制作スタッフでオーディションなどを行った上で決定する。

キートン山田は2021年3月まで『ちびまる子ちゃん』のナレーションを務める予定で、2021年3月28日(日)の放送で最後を飾る予定となっている。

ナレーター:キートン山田 コメント

「・・・・・・・・・・スタッフの皆さん・・・・・・・・・・キャストの皆さん・・・・・・・・・・・そして『ちびまる子ちゃん』ファンの皆さん、ありがとうございました!!番組はまだまだ“後半へつづく”のである」

アニメ『ちびまる子ちゃん』制作チーム コメント

「初回放送から約31年間…時に鋭く、そして優しく、ずっとまる子たちを見守ってくれたキートン山田さん。アニメスタッフ一同、感謝の言葉しかありません。今まで本当にありがとうございました!」

『ちびまる子ちゃん』

『ちびまる子ちゃん』
フジテレビ系
毎週(日)後6時~6時30分