横山だいすけが『デジモンアドベンチャー:』で声優に挑戦「どんどん愛情をこめていけたら」 | TV LIFE web

横山だいすけが『デジモンアドベンチャー:』で声優に挑戦「どんどん愛情をこめていけたら」

アニメ
2021年01月07日

『デジモンアドベンチャー:』

“だいすけお兄さん”としておなじみの横山だいすけが、アニメ『デジモンアドベンチャー:』(フジテレビ系)で声優を務めることが分かった。

横山が演じるのは、1月10日(日)放送回から登場する「コモンドモン」という、デジモンが移動するために乗ることができる乗り物デジモン。

あちこち移動して大変そうなデジモンだが、コモンドモン自身はそれを散歩と思っているらしく、どこへ行くのも仲間と一緒なら苦にならないというなんともポジティブなキャラクターだ。水中も尻尾を回せば潜って進むことができる能力も持ち合わせているという。“ワホーン”という鳴き声が特徴で、この声一つでさまざまな感情を表現する。

『デジモンアドベンチャー:』

横山だいすけ コメント

◆コモンドモンというキャラクターでオファーを受けたときの率直な感想は?

「“えー!?”って感じでしたね。デジモンは長寿シリーズで、ずっと出演されている声優さんも多いなかに、自分がいきなり入っても大丈夫なのかなと。もちろん、どんな役でもやらせてもらえるチャンスをいただけるのであれば、やってみたいという気持ちはありますけど。ただ“セリフはワホーンだけです”って言われて、“ワホーンってなんですか?”って(笑)」

◆もともとデジモンについては、どんな印象がありました?

「初期のゲームの印象が強くて。そこからは随分進化していますよね。デジモンの最終進化なんて今時感がすごい! 人間の形に近いものになったりして」

◆ご自身が演じるコモンドモンについての印象はいかがですか?

「人気が出たらうれしいです。“きょうのワホーン、来た!”みたいに。まずはデジモンシリーズの一員になれるようにがんばりたいです。“コモンドモンがいてくれてよかった”って視聴者の皆さんにもキャスト陣にも思ってもらえるように。そのためにも、コモンドモンというキャラクターにどんどん愛情をこめていけたらいいなと思います」

◆最後に意気込みをお願いします。

「コモンドモンはシーンとシーンをつなぐ箸休め的な存在かもしれませんが、“きょうもコモンドモン、出て来たぞ!”“おっ、いいワホーン入りました!”と視聴者の皆さんに言ってもらえるようなキャラクターに成長していけたら。癒しのワホーンを目指してがんばります」

プロデューサー:江花松樹(フジテレビ編成部)コメント

「だいすけお兄さんに演じていただくのは、太一たちと冒険を共にする新デジモンの<コモンドモン>。“ワホーン”の鳴き声のみでさまざまな感情を表現する難しい役どころを、見事に演じていただきました!2021年、新章に突入する『デジモンアドベンチャー:』をどうぞよろしくお願いいたします!」