工藤阿須加が「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」の魅力を語る「涙が止まりませんでした」

アニメ
2021年10月11日
工藤阿須加

『金曜ロードショー』(日本テレビ系)で10月29日、11月5日(金)に放送される京都アニメーション制作「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」。その魅力について俳優の工藤阿須加からコメントが届いた。

10月29日は、京都アニメーション制作「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」TVシリーズを石立太一監督監修で新たに再構成した「特別編集版」を、翌週11月5日には、劇場公開された「ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝-永遠と自動手記人形-」を本編ノーカットで地上波初放送する。

本作は、2018年にTVシリーズが放送され、“必ず泣ける”アニメとして大きな話題に。2019年には「ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝-永遠と自動手記人形-」が公開。さらに2020年には、オリジナル新作「劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン」が公開され、興行収入21.3億円のヒットを記録。日本アカデミー賞優秀賞も受賞した。

工藤阿須加 コメント

この作品の魅力は、まず映像がとてもきれいなところです。きれいすぎて思わず、きれいだな! と口にしていました。
そして主人公のヴァイオレットがいろんな人に関わり成長していく姿はとても魅力的で、心が動かされます。ヴァイオレットが愛を知り理解してゆくその姿に涙が止まりません。戦争、人間的成長、経済の発展など要素が満載。伝えることの素晴らしさをこのアニメであらためて教えられました。
7話後半でギルド少佐がいないと分かり泣くところは、涙が止まりませんでした。
そして、何より10話。このアニメを見たほとんどの人が良いというシーンなのかなと。母と娘の愛のストーリーです。10話の最後のシーンで、ヴァイオレットが人の心を理解しているのがすごく感じられました。
作品を見た後は、たくさんの人に勧めました!

『金曜ロードショー』
日本テレビ系

「ヴァイオレット・エヴァーガーデン 特別編集版」
2021年10月29日(金)後9・00~10・54

「ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝-永遠と自動手記人形-」
2021年11月5日(金)後9・00~10・54

この記事の写真

©暁佳奈・京都アニメーション/ヴァイオレット・エヴァーガーデン製作委員会