黒羽麻璃央が上白石萌音に“恋のお導き”『恋つづ』Paraviオリジナルストーリー配信決定 | TV LIFE web

黒羽麻璃央が上白石萌音に“恋のお導き”『恋つづ』Paraviオリジナルストーリー配信決定

ドラマ
2019年12月18日
『まだまだ恋はつづくよどこまでも』

 上白石萌音と佐藤健が共演する火曜ドラマ『恋はつづくよどこまでも』(TBS系)が2020年1月14日(火)にスタート。そのオリジナルストーリーとなる『まだまだ恋はつづくよどこまでも』が動画配信サービス「Paravi(パラビ)」で独占配信されることが決定した。

 本作は、円城寺マキによる同名漫画が原作のラブストーリー。ある日、偶然起きた出来事で運命の男性となる医師と出会った主人公・佐倉七瀬(上白石)。それから5年、彼を追い看護師となった七瀬は、憧れのドクター・天堂浬(佐藤)とついに再会する。しかし、天堂は七瀬が思い描いていた人物とはまるで別人だった。周囲から「魔王」と恐れられている超ドSな天堂に憤慨しつつも、仕事に恋に真っすぐな七瀬は、その根性で次々に起こる困難に食らいついていく。

 Paraviで配信されるオリジナルストーリー『まだまだ恋はつづくよどこまでも』では、七瀬の天堂への猪突猛進な恋のアプローチをより一層楽しめる、本編では送り切れない登場人物たちの心情の裏側をコミカルに描く。また、上白石、佐藤をはじめとした本編ドラマに出演するレギュラーキャスト陣も出演する。

 舞台はナースたち行きつけの居酒屋。そこで働くイケメン店員に七瀬たちが恋愛の悩み相談をするところからストーリーが進んでいく。この居酒屋のイケメン店員・猫田を黒羽麻璃央が演じることが決定した。

 黒羽が演じる居酒屋のイケメン店員・猫田は、恋占いが得意で、恋愛の悩みを抱える七瀬に“恋のお導き”をする。そのアドバイスをドラマ本編で七瀬が実際に行うなど、オリジナルストーリーと本編がリンクするシーンがたびたび登場する。また占いをするシーンでは猫田がダンスを披露。かわいいらしい猫田のダンスにも注目だ。

<黒羽麻璃央 コメント>
猫田役で出演いたします、黒羽麻璃央です。
普段は居酒屋店員として働いておりまして、ストーリーが進むにつれて徐々に面白さが出てくるキャラクターとなっております。
作中で毎回ダンスを踊りますので、そこにも注目していただきたいです!
本編とは一味違った面白いストーリーとなっておりますので、楽しみにしていてください!

<プロデューサー・宮﨑真佐子 コメント>
『まだまだ恋はつづくよどこまでも』は、本編では描き切れない、ラブストーリーの裏側を描いていきます。
毎話、恋愛あるあるや恋愛格言、そして恋愛占いも楽しめる内容になっていますので、本編とともに見ていただけたらうれしいです。ぜひ、お楽しみに!

火曜ドラマ『恋はつづくよどこまでも』
TBS系
2020年1月14日スタート

Paravi オリジナルストーリー『まだまだ恋はつづくよどこまでも』
地上波ドラマ本編各話、放送後に配信

<第1話エピソード>
初出勤を控えた前日の夕方、新米ナース・七瀬(上白石萌音)は憧れの天堂先生(佐藤健)との再会を考えながら準備をしていた。浮かれ気味に外を歩いていると、居酒屋から出てきた人物とぶつかりコケてしまう。
目の前にはイケメンの居酒屋店員・猫田(黒羽麻璃央)の姿が。コケた拍子に手を擦りむいてしまった七瀬に猫田は「ケガをさせちゃったお詫びに恋のお導きをしてあげる」と水晶玉を出し占いを始める。七瀬が占い通りにすると…。

©TBS