小泉孝太郎主演『病院の治しかた』ドラマBiz史上最高視聴率で好スタート | TV LIFE web

小泉孝太郎主演『病院の治しかた』ドラマBiz史上最高視聴率で好スタート

ドラマ
2020年01月21日
『病院の治しかた』

 小泉孝太郎主演の『ドラマBiz「病院の治しかた~ドクター有原の挑戦~」』(テレビ東京系)第1話の視聴率が枠史上最高の8.1%を記録した。

 本作は、ワールドカップ通算30勝、平昌冬季オリンピックでは金メダルを獲得したスピードスケート選手・小平奈緒が現在も所属する相澤病院が、かつて多額の借金を抱え倒産危機から奇跡の復活を遂げた“実話”をベースにした物語。

 1月20日(月)に2時間スペシャルで放送された第1話の視聴率が8.1%を獲得。これは、2018年から始まったBiz枠史上、初回最高、並びに歴代最高の視聴率となった(関東地区、ビデオリサーチ調べ)。この数字は、2018年7月に放送された『ラストチャンス』の6.1%を大きく塗り替える記録となった。

 1月11日に実施された試写会で、第1話を見た医療関係者から「医療現場で必要な意識、現場からの反論、それに対する反論まで描かれていて、これからの医療のあるべき道を提案してくれた。一般の方だけでなく医療人に特に見てもらいたい」「病院の経営面が現実に近い形で制作されていた」「赤字病院を立て直すヒントがそこかしこにちりばめられていた。赤字に苦しむ病院関係者も見る価値がある」など、高評価を得ていた本作。放送終了後のSNSでも「リアル」などの声が数多く上がった。

 第1話は「ネットもテレ東」(https://video.tv-tokyo.co.jp/byouinnonaoshikata/episode/00073487.html)で見逃し配信中。

<第2話(1月27日(月)放送)あらすじ>
有原健次郎(光石研)の理事長解任を要求、さらに自ら新理事長に立候補した有原修平(小泉孝太郎)。理事会は混乱し、紛糾する。裏切られた思いを抱きながらも、立て直しへの熱い思いを訴える修平を見た健次郎は、ある決断を下す。修平には既に信甲斐銀行からサポートの約束があり、事務長として“経営のプロ”が派遣されることになっていた。ところが銀行からやってきたのは、売却計画を進めていた倉嶋亮介(高嶋政伸)だった…。

ドラマBiz
「病院の治しかた~ドクター有原の挑戦~」

テレビ東京系
毎週(月)後10・00

BSテレ東
毎週(金)後9・00

脚本:山本むつみ
監督:宮脇亮、清弘誠
出演:小泉孝太郎、高嶋政伸、小西真奈美、稲葉友、磯野貴理子、片桐仁、角野卓造、大和田伸也、光石研、浅田美代子、中村雅俊