吉川晃司×志尊淳『探偵・由利麟太郎』に赤楚衛二、水沢林太郎、長田成哉がゲスト出演 | TV LIFE web

吉川晃司×志尊淳『探偵・由利麟太郎』に赤楚衛二、水沢林太郎、長田成哉がゲスト出演

ドラマ
2020年06月09日
赤楚衛二、水沢林太郎、長田成哉

 6月16日(火)から5週連続で放送される『探偵・由利麟太郎』(フジテレビ系)に、赤楚衛二、水沢林太郎、長田成哉がゲスト出演することが決定した。

 本作は、吉川晃司と志尊淳がバディを組んで事件を解決するホラーミステリー。金田一耕助シリーズで知られる横溝正史の戦後初の本格長編小説「蝶々殺人事件」を含む「由利麟太郎」シリーズを初めて連続ドラマ化する。

 今回が地上波連続ドラマ初主演となる吉川が演じるのは、元警視庁捜査一課長という経歴を持つ白髪の名探偵・由利麟太郎。そんな由利を敬愛する助手で、ミステリー作家志望の青年・三津木俊助を志尊が演じる。

 初回となる6月16日(火)放送の「花髑髏」には、長田が呪われた一族、日下家の長男・日下瑛一役で登場。新川優愛演じる血のつながらない兄妹・日下瑠璃子を女性として愛し、結婚を希望するが、父親である遺伝子研究者・日下瑛造に結婚をひどく反対され大げんかに。その後、日下が何者かに殺害され容疑者となってしまうという役どころだ。

 そして、6月23日(火)放送の第2話「憑かれた女」には、青年実業家・五月翔太役で赤楚衛二が出演。祇園のクラブ「マダム・シルク」の常連客で、水上京香演じるクラブのホステス・吉岡エマの恋人という役どころで、得体の知れない“黒い影”に襲われる悪夢に悩まされ錯乱するエマを心配し、その窮地から救おうとするが、やがて自身もエマも恐ろしい殺人事件に巻き込まれてしまう。

 また、7月7日(火)放送の第4話、14日(火)放送の第5話と2週にわたって放送する最終章「マーダー・バタフライ」には、物語をかき回すキーパーソン・雨宮順平役で水沢が登場。オペラ界のスター歌手・原さくら(高岡早紀)率いる音楽団を陰で支える裏方で、さくらのメインマネージャー・土屋恭蔵(鈴木一真)の助手をしている雨宮は、社会人になったばかりでミスも多く、要領が悪いと土屋に厳しく叱責されるという役どころだ。

<赤楚衛二 コメント>
今回出演させていただくことが決まり、以前父親とよく吉川晃司さんのLIVE映像を拝見させていただいていたので、ご一緒させていただけてとてもうれしかったです。吉川晃司さんのストイックさ、立ち居振る舞い、プロフェッショナルさ、全てがすてきで魅了されました。僕が演じる五月は、エマに対する愛だけは真っすぐな気持ちも持っていて、救いたいが故に、道を外してしまう役どころです。愚直な愛を持って演じさせていただきましたので、そこを見ていただけたらなと思います。

<水沢林太郎 コメント>
最初聞いたとき、“ミステリー作品に出演できる!”と大喜びでした。僕自身ミステリーが好きで、出たくて、出たくて仕方がなかったので、今回出演させていただけて、とてもうれしかったです。吉川さんに、実際お会いしてみて、あの存在感にまず、“とんでもないな”と思いました。背中がとても大きくて、あんなに大きな背中を見たのは初めてです。撮影を振り返ると、細かいところまで、すごく力をいれて作られたドラマだなと思いますので、ぜひ注目していただければと思います。

<長田成哉 コメント>
今回お話を頂いて、台本を読んだ時に挑戦した事のない「粘着質」な役だなという印象でワクワクしました! 由利役の吉川晃司さんにごあいさつした時は、カッコ良すぎて…「あんなロングコートの似合う方が日本に居るんだ!」と、控え室で一人思っていました。1話からヘビーな内容のゲストで出させていただき光栄です。この作品独自のミステリアスな雰囲気をぜひお楽しみください。

『探偵・由利麟太郎』
カンテレ・フジテレビ系
2020年6月16日(火)スタート
5週連続特別ドラマ
毎週(火)後9・00~9・54
※初回15分拡大放送

原作:横溝正史「由利麟太郎シリーズ」

出演:吉川晃司、志尊淳・木本武宏、どんぐり・田辺誠一ほか

脚本:小林弘利
演出・プロデュース:木村弥寿彦(カンテレ)
プロデューサー:萩原崇(カンテレ)、森井敦(東映京都撮影所)、福島一貴(東映京都撮影所)