新垣結衣が8月新ドラマ『親バカ青春白書』で福田組初参加 主演ムロツヨシの亡き妻役に | TV LIFE web

新垣結衣が8月新ドラマ『親バカ青春白書』で福田組初参加 主演ムロツヨシの亡き妻役に

ドラマ
2020年06月22日
新垣結衣

 2020年8月スタートの日曜ドラマ『親バカ青春白書』(日本テレビ系)に、主演・ムロツヨシの最愛の妻役で新垣結衣が出演することが分かった。

 本作は『今日から俺は!!』チームの最新作で、ヒットメーカー・福田雄一が手掛けるオリジナルドラマ。ゴールデン・プライム帯の連続ドラマで初主演を務めるムロツヨシが、娘が大好きすぎるあまり娘と同じ大学の同級生になってしまう小比賀太郎(おびか・たろう)、通称ガタローを演じる。

 ガタローの娘・さくら役を永野芽郁、さくらの恋人候補・畠山雅治を中川大志が演じることが既に発表されていたが、亡くなったガタローの妻・幸子役で新垣が自身初の福田組に加わることが発表された。

 新垣の連ドラレギュラー出演は、2018年10月期の日本テレビ系ドラマ『獣になれない私たち』以来、1年10か月ぶり。ムロとの共演はもちろん、ファッション誌「ニコラ」のモデル出身つながりでもある永野との共演も大きな見どころになりそうだ。

 ドラマは6月上旬から撮影が始まっているが、新垣のクランクインはこれからだという。クランクインに向けて新垣は「こんな時だからこそ、このようなワクワクする作品に参加できる事をより一層うれしく思います。福田組、ムロ座長の下、皆様に笑顔をお届けできるよう、私も微力ながら精いっぱい頑張ります。ムロさんの奥さんであり、芽郁ちゃんのお母さんになれるなんてとても楽しみです!」とコメントを寄せている。

父娘を演じるムロと永野

<作品情報>
日曜ドラマ『親バカ青春白書』
2020年8月スタート予定
日本テレビ系 毎週日曜 後10・30~
脚本統括・演出:福田雄一
脚本:穴吹一朗
出演:ムロツヨシ、永野芽郁、中川大志・新垣結衣

<第1話 あらすじ>
最愛の妻、幸子(新垣結衣)を亡くし、男手一つで娘を育て上げた売れない小説家・小比賀太郎(通称:ガタロー)(ムロツヨシ)は、ド天然の愛娘・さくら(永野芽郁)のことが大好きすぎる筋金入りの親バカ。女子高育ちのさくらが共学大学に通うことを心配するあまり、同級生として同じ大学に入学することに!陰に日向に娘を守りながら、新たな仲間たちと共に意外に楽しい二度目の大学生活を満喫するガタローだが、さくらの身に史上最大の危険が迫っていた……!

<Web>
番組公式HP:https://www.ntv.co.jp/oyabaka/
番組公式Twitter:https://twitter.com/oyabaka_ntv