松嶋菜々子×堤真一の名作ラブコメ『やまとなでしこ 20周年特別編』2週連続放送 | TV LIFE web

松嶋菜々子×堤真一の名作ラブコメ『やまとなでしこ 20周年特別編』2週連続放送

ドラマ
2020年06月29日

『やまとなでしこ』

2000年10月期に放送された松嶋菜々子の月9単独初主演ドラマ『やまとなでしこ』(フジテレビ系)の20周年特別編が、7月6日、13日(月)に2週連続2時間、超解像リマスター版で放送される。

フジテレビでは、新型コロナウイルス感染拡大に配慮し、連続ドラマの撮影を6月上旬まで休止。それに伴い、4月期月9ドラマ『SUITS/スーツ2』第3話以降の放送が延期となり、7月6日、13日(月)後9時から松嶋菜々子の月9単独初主演作『やまとなでしこ』(2000年10月期)を、2週連続で2時間スペシャルに再編集、超解像リマスター版で放送することが決定した。

本作は『ハケンの品格』『Doctor-X 外科医・大門未知子』『花子とアン』などを手掛けた脚本家・中園ミホの代表作のひとつで、松嶋演じる玉のこしを虎視眈々と狙うキャビンアテンダント・神野桜子と、堤真一演じる彼女に恋して身分を偽る貧乏な男・中原欧介のロマンチック・ラブコメディー。主題歌は、MISIAの7枚目のシングル「Everything」。

『やまとなでしこ』

当時の世帯全話平均視聴率および、世帯最高平均視聴率で、2000年以降のフジテレビ系の恋愛ドラマ歴代トップ。2000年以降のフジテレビ系ドラマとしても歴代2位を記録した(歴代1位は『HERO』2001年1月期)。

「20周年特別編」放送にあたり、期間限定で番組公式Twitterの開設も決定(@nadeshiko20th)。放送20周年を記念し、当時の撮影裏話や貴重な秘蔵写真などを公式Twitter限定で発信していく予定。

松嶋菜々子 コメント

『やまとなでしこ』

「20年の時を経て、まさかゴールデンで総集編が放送されるとは想像もしていませんでした。今でも多くの方々の記憶に残っていることに驚き、リクエストなどで『やまとなでしこ』を応援してくださった皆さんに感謝しております。初めてご覧になる方は、愛よりお金をはっきりと口にする桜子に驚くかもしれませんが、ぜひ楽しんでご覧ください」

ストーリー

類いまれなる美貌と教養を武器に仕事も完璧にこなすキャビンアテンダントになった桜子(松嶋菜々子)。一見、非の打ちどころのない彼女にもひとつだけ大きなトラウマがあった。幼い頃に極度の貧乏生活を経験し、貧困と闘ってきた桜子には「世の中で一番大切なもの。それは、お金」「恋愛相手も結婚相手もお金持ちでなければならない」「愛よりお金」という哲学が備わっていたのだ。仕事中の機内でも、合コンの席上でも、口説いてくる男への興味と判断基準は、“お金や財産をどのくらい持っていて、どんな車に乗っているか”。
そんな桜子に、ある日、運命の出会いが訪れる。無理やりキャビンアテンダントとの合コンに誘われた男、中原欧介(堤真一)。学生時代、女性にフラれ、恋愛恐怖症になった35歳独身。父を亡くし、母1人で切り盛りしていた商店街の鮮魚店を継ぐため、長年研究していた数学の道を諦めていた。魚の目利き力はあるが、銭金には疎く、押しも弱い。そんな欧介が、ひょんなことから桜子の思い込みも手伝い、二人は付き合うことに。
だが、それもつかの間、欧介の正体がバレると手のひらを返したように冷たくなり、まったく相手にしなくなった桜子。身分不相応と分かりながらも彼女に強くひかれた欧介は、他の男たちとは違った角度から彼女を好きになり、桜子の奥に秘められた“何か”を感じていた。
同僚や仲間たちを巻き込み、幾多の事件が巻き起こる中で、二人の恋はどうなっていくのか…。

番組情報

『やまとなでしこ 20周年特別編』
フジテレビ系
7月6日(月)後9時~10時48分
第一夜「ずっと探してた人」

7月13日(月)後9時~10時48分
第二夜「いつか王子様が」

<キャスト>
松嶋菜々子
堤真一

矢田亜希子
筧利夫
須藤理彩
東幹久
森口瑤子
西村雅彦
ほか

脚本:中園ミホ、相沢友子
主題歌:MISIA「Everything」(Sony Music Labels)
企画:石原隆
演出:若松節朗、平野眞
プロデュース:岩田祐二
制作:フジテレビ
制作著作:共同テレビジョン

公式HP:https://www.fujitv.co.jp/nadeshiko_sp/
公式Twitter:@nadeshiko20th

©フジテレビ

この記事の写真