中山優馬が出演決定!伊藤英明 主演『連続ドラマW トッカイ〜不良債権特別回収部〜』 | TV LIFE web

中山優馬が出演決定!伊藤英明 主演『連続ドラマW トッカイ〜不良債権特別回収部〜』

ドラマ
2020年08月29日

悪質債務者への取り立てを任務とする不良債権特別回収部(通称・トッカイ)の苦闘を描いた伊藤英明主演『連続ドラマW トッカイ〜不良債権特別回収部〜』に、ジャニーズの中山優馬が出演することが決定した。

本作は『連続ドラマW しんがり〜山一證券 最後の聖戦〜』『連続ドラマW 石つぶて〜外務省機密費を暴いた捜査二課の男たち〜』に続く、ノンフィクション作家・清武英利の著書の映像化第3弾となる。

バブル経済崩壊後の1996年、経営破綻した住宅金融専門会社(住専)の不良債権取り立てを目的とした国策会社「住宅金融債権管理機構(のちの整理回収機構)」が設立された。中でも悪質債務者への取り立てを任務とする不良債権特別回収部の奮闘は、想像を絶するものだったという。

6兆7800億円もの不良債権を回収するために集められた精鋭たちは、不動産王や闇金融、怪物商人らと長きにわたる熱き闘いを繰り広げていく。泥沼の債権回収に立ち向かい、国民の税金を守るため命を懸けて闘う物語は今、大きな社会不安の中にあるすべての日本人に届けたい壮大な人間ドラマだ。

この度、“トッカイ”チームの最若手であり、住専出身の葉山将人役を、ジャニーズ事務所の中でも若手俳優の1人としてめざましい活躍を見せている中山が演じることを発表。

葉山は主演の伊藤演じるチームのリーダー・柴崎朗と共に、不良債権の回収に奮闘する重要な役どころであり、奇しくも大阪出身と同郷である葉山役に特別な想いも寄せている。

旧住専組の葉山は銀行からの出向組の柴崎とはしばしばぶつかることもあるが、次第にリーダーとしてチームを引っ張る柴崎の姿に尊敬の念を抱いていく。すさまじい熱量をもって臨む中山と、主演の伊藤英明との演技のぶつかり合いに注目だ。

WOWOWでは2017年に初主演を務め、バンフ・ワールド・メディア・フェスティバルでロッキー賞のDrama Series: Non-English Language部門を受賞した『連続ドラマW 北斗-ある殺人者の回心-』以来の連続ドラマWへの出演となる中山。

監督を務めた若松節朗は、中山について「芝居センスが抜群で要求されたものを確実に表現出来るし、自分なりの意見を提案してくれて頼もしい存在です。経験値の高い俳優達を脅かす存在になってくれたら」と語った。

中山は「今の僕たちの世代、そしてもっと若い世代はこの住専問題を知らないのではないかと思います。ですが今を生きている僕たちにとってこの問題は知っておくべき事なのだと思います」と視聴者へメッセージを送った。中山のコメント全文は、次ページを参照。

  1. 1
  2. 2