鈴木保奈美が『35歳の少女』に出演決定「大好きな遊川作品、でも観ると演るとは…」 | TV LIFE web

鈴木保奈美が『35歳の少女』に出演決定「大好きな遊川作品、でも観ると演るとは…」

ドラマ
2020年09月10日
35歳の少女
鈴木保奈美

10月10日(土)スタートの新土曜ドラマ『35歳の少女』(日本テレビ系)に、鈴木保奈美の出演が決定した。

『35歳の少女』は、『家政婦のミタ』『同期のサクラ』制作チームが集結し、柴咲コウと脚本家・遊川和彦が『○○妻』以来、5年ぶりにタッグを組むオリジナルドラマ。

1995年、不慮の事故により10歳で突然長い眠りにつき、2020年に25年ぶりに目覚めた“35歳の少女”今村望美(柴咲)。全てが変わってしまった世界に戸惑いながらも未来を生きる、主人公の時を超えた成長物語が描かれる。

本作で鈴木が演じるのは、望美の母親・時岡多恵。望美の事故後、25年間、娘の意識が戻ることを信じ、見守り続けた母親という物語の軸となる役どころ。鈴木が遊川脚本作品へ出演するのは今回が初。また、柴咲とも今回が初共演となる。

鈴木保奈美 コメント

大好きなドラマがいくつもある、遊川作品。お話を頂いた時は本当にうれしかったのです。
が、観ると演るとは大違い。大変です。自分を鍛え直す場を与えられたことに感謝して、まっさらな気持ちで挑みます。
柴咲さんと共演させていただくのは初めてです。望美ちゃんは、こりゃまた大変な難役です。けれど疑いようもなく、柴咲さんは見事に演じ切られることでしょう。
彼女のその過程を一番近くで見ることができるなんて、なんという幸せ。
バラバラになってしまった家族がどう向き合い、どう再生していくのか。フィナーレを迎える頃、役の上でも、キャスト、スタッフの皆さんとも、戦友のようになっていられたらいいな、と思います。

番組情報

『35歳の少女』
日本テレビ系
2020年10月10日(土)スタート
毎週土曜 後10・00~10・54

WEB

番組HP:https://www.ntv.co.jp/shojo35/
番組Twitter:https://twitter.com/shojo35