『麒麟がくる』第24回「将軍の器」9・20放送 | TV LIFE web

『麒麟がくる』第24回「将軍の器」9・20放送

ドラマ
2020年09月19日

『麒麟がくる』

大河ドラマ『麒麟がくる』(NHK総合)の第24回「将軍の器」が9月20日(日)に放送される。

9月13日放送の第23回で、将軍・足利義輝(向井理)に、織田信長(染谷将太)が上洛できないことを報告し、越前へ戻った光秀(長谷川博己)。その翌年、京では、三好・松永の子らによるクーデターが勃発し、義輝が殺害される。

【関連記事】『麒麟がくる』向井理「いろんな義輝をお見せできれば」

ぽっかり空いた将軍の座をめぐり、義輝の弟・覚慶(滝藤賢一)擁立派と義栄(一ノ瀬颯)擁立派に二分する。松永久秀(吉田鋼太郎)と細川藤孝(眞島秀和)は、三好から命を狙われる覚慶を大和から脱出させ身を隠す手助けをする。

いっぽう、義輝の死を知った光秀は、松永の元へ向かい、義輝暗殺を激しく糾弾。松永は、朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)から届いた文を光秀に見せる。そこには「朝倉家は覚慶が将軍の器であればかくまう覚悟がある、それを光秀に確かめてくるように」と書いてあり、松永は気乗りしない光秀に、このまま表舞台から身を遠ざけ越前でくすぶっていていいのかとハッパをかける。

番組情報

大河ドラマ『麒麟がくる』
NHK総合ほか
毎週(日)後8・00~8・45

©NHK

この記事の写真