ダークヒーローを演じる福士蒼汰のサプライズ登場にコブクロ仰天「今、ちょっと怖い(笑)」 | TV LIFE web

ダークヒーローを演じる福士蒼汰のサプライズ登場にコブクロ仰天「今、ちょっと怖い(笑)」

ドラマ
2020年09月21日

DIVER

9月22日(火)にスタートする新火9ドラマ『DIVER-特殊潜入班-』(カンテレ・フジ系)主演の福士蒼汰が、主題歌を担当するコブクロの元をサプライズで訪問した。

コブクロと対面した福士は、主題歌の『灯ル祈リ』について「ひと言ひと言がすごく重みのある歌詞で、さらにお2人の歌声やメロディに乗せて心にグッと響く、本当にいい曲をありがとうございます」と感謝。

これを聞いた小渕健太郎は「ありがたいですね。僕たちもドラマをひと足先に見せていただいたんですが、福士君が演じる黒沢兵悟が本当の悪の悪で、すごい怖いんですよ!(笑)」と率直にコメント。続けて「1話を見ただけでも映画を見た後のような満足感がありますし、ここから先どうなっていくんだろうと引き込まれていきました」とドラマ感想を語った。

DIVER
小渕健太郎

黒田俊介も「これまでに何度かお会いしたことはあるものの、『DIVER』を見てから会うのはもちろん今日が初めて。いま、ちょっと怖いもんね!本当にさわやかなのか、本当は悪いのか、どっちがほんまの福士君か分からん(笑)」とダークヒーローぶりを絶賛した。

DIVER
黒田俊介

『灯ル祈リ』は、小渕が『DIVER』の原作であるコミックや、脚本を読み込み、主人公・黒沢兵悟の生き様と今伝えたい想いを重ね書き下ろした重厚なパワーバラード。福士は事前に小渕から楽曲に対する想いが綴られた手紙を受け取ったといい、「兵悟という人間と、作品のメッセージをしっかりと受け止めてくださっているのがうれしかったです。特に歌詞の中に“檻を破り 逃げ出したライオン”というフレーズがあるんですが、この部分にすごく共感しました。ライオンは強くてどう猛だけど、檻から急に出されてもどうしていいかわからない。そんな中、母という光を探していく。兵悟も強い男ではあるけれど、何かを求めていないと倒れてしまう、という内面の部分と通ずるなと思いました」と自身の役柄とこの曲を重ねたという。

DIVER
福士蒼汰

小渕は「うれしいですね。そんな風にじっくり聞き込んでいただけるなんて。作品を読んであふれ出てくるものをどうやって閉じ込めようかと必死に作った曲なので、ありがたいです」と喜びを語っていた。

番組情報

『DIVER-特殊潜入班-』
カンテレ・フジテレビ系
2020年9月22日(火)スタート
毎週火曜 後9・00~

出演:福士蒼汰、野村周平、片瀬那奈、浜野謙太、正門良規、中山義紘、正名僕蔵、安藤政信、りょう 他
原作:大沢俊太郎 「DIVER-組対潜入班-」(集英社)
脚本:宇田学
演出:宝来忠昭、木村弥寿彦(カンテレ)、西片友樹
プロデュース:萩原崇 (カンテレ)、大城哲也(ジニアス)
制作著作:カンテレ

WEB

公式HP:https://www.ktv.jp/diver/
Instagram:https://www.instagram.com/diver_ktv/
Twitter:https://twitter.com/diver_ktv