柴咲コウ主演『35歳の少女』“エピソード0”日テレ初のオーディオドラマで配信スタート | TV LIFE web

柴咲コウ主演『35歳の少女』“エピソード0”日テレ初のオーディオドラマで配信スタート

ドラマ
2020年10月04日

『35歳の少女』

10月10日(土)スタートの土曜ドラマ『35歳の少女』(日本テレビ系)のオーディオドラマの配信がスタートした。

『35歳の少女』は、『家政婦のミタ』『同期のサクラ』制作チームが集結し、柴咲コウと脚本家・遊川和彦が『○○妻』以来、5年ぶりにタッグを組むオリジナルドラマ。

1995年、不慮の事故により10歳で突然長い眠りにつき、2020年に25年ぶりに目覚めた“35歳の少女”今村望美(柴咲)。全てが変わってしまった世界に戸惑いながらも未来を生きる、主人公の時を超えた成長物語が描かれる。

10月10日(土)の第1話の放送を前に、第1話につながる“エピソード0”をオーディオドラマとして番組公式HPで配信がスタート。さらに10月9日(金)にはラジオ日本『SWEET!!』(前9時~11時)の番組内でOAされる。

『35歳の少女』

現在明かされているドラマのストーリーは、お遣いを頼まれ意気揚々と出かけた望美が、ブレーキの壊れた自転車で坂道を飛ばしたため、崖から大きく放り出されてしまうという不慮の事故に遭うということ。そして、望美が目覚めたとき、家族はある“秘密”を抱えたまま、25年ぶりの食卓を囲む。

望美の一家に何が起こり、家族はどんな秘密を抱えることになってしまったのか。どこにでもあるごく普通の幸せな一家の日常のほほ笑ましい会話から徐々に近づく運命の瞬間…。主人公に何が起こるのか知っている人にとって、音だけで表現されるそのドラマは、聞いている人の想像力をかき立て、まるで我が事のようにリアルな映像で迫り、登場人物の悲劇を追体験せずにはいられない。

オーディオドラマでは、第1話放送前に先行して、音声のみでドラマを先取り。ドラマの気になる内容を、放送前にイマジネーションを広げて楽しめ、放送では映像と共に楽しめる。

【聴くドラマ!】日テレ公式YouTube
「35歳の少女」放送前に第1話が聞ける!?オーディオドラマによるエピソード0 公開
※ヘッドホン推奨

https://www.youtube.com/watch?v=OxzbmiZlahQ

番組情報

土曜ドラマ『35歳の少女』
日本テレビ系
2020年10月10日(土)スタート
毎週土曜 後10・00~10・54