安藤政信、初の父親役に「撮影前から気合を入れた」『DIVER』第3話10・6放送 | TV LIFE web

安藤政信、初の父親役に「撮影前から気合を入れた」『DIVER』第3話10・6放送

ドラマ
2020年10月06日

『DIVER‐特殊潜入班‐』

10月6日(火)に第3話が放送される『DIVER‐特殊潜入班‐』(カンテレ・フジテレビ系)で、D班の班長・伊達直哉を演じる安藤政信のコメントが到着した。

本作は、大沢俊太郎の漫画「DIVER-組対潜入班-」が原作のノンストップ・サスペンス。福士蒼汰が“潜入捜査官”として、時に暴力的に、時に冷徹に犯罪者に立ち向かう、自身初のダークヒーロー・黒沢兵悟を演じる。

第3話では、組織犯罪対策課であり、D班の班長でもある伊達直哉(安藤)の過去、そしてひとり娘・亜紀(宮野陽名)との親子関係が描かれる。高校生の娘を持つ父親役は初となる安藤は、「普通に考えると、このくらいの年齢の娘がいても当然ですよね。娘役の宮野陽名さんもすごくかわいらしくて。現場に入って撮影を重ねる中で、芝居も上手になっているような気がしましたね」と撮影を振り返った。

『DIVER‐特殊潜入班‐』

そして「伊達という男は、犯罪をなくすために命を懸けている、と真っすぐに言える男です」と役の印象を語った安藤は、熱血刑事として全力を注ぐ一方で、“父親として”の伊達に対し「どうして娘と心の距離が離れていったのか。娘のことを本当は大切に思ってはいるけど、うまく言えないタイプだと思う。でも、随所で娘への思いは出ているように思います。“娘に危険な思いをさせられるわけないだろ”とか、娘が寝ている時に、佐根村に漏らす本音の部分とか。そこに伊達の本当の姿が出るだろうなと、撮影前から気合を入れていました」と、役作りに向けて意識していたことを明かした。

『DIVER‐特殊潜入班‐』

いっぽう、娘役を演じた宮野は、父親役の安藤について「1、2話での伊達は、クールで落ち着いていてすごくかっこいいのですが、3話はお父さんとしての一面が見られるので、これまでとは違う印象になっていると思います。撮影中にぶつかってしまった時にも、安藤さんがすぐに“大丈夫だった?”と気にかけてくださって、とても優しくて笑顔がすてきな方でした」と印象を語った。

また「絶叫するシーンが多かったのが大変でした。“怖い”というだけではなく“不安な気持ちも入り混じった怖さ”なので、どう表現すればよいのかとても迷いました。監督にアドバイスを頂きながら自分なりに演じたので、どんな仕上がりになっているか楽しみです」と撮影を振り返った。

『DIVER‐特殊潜入班‐』

さらに、安藤は同じD班に所属する兵悟と将を演じる福士と野村周平に対し「蒼汰は、すごく完璧主義者だな、と感じました。全ての言葉や行動を完璧に知り尽くしてやりたい、という意欲を感じました。周平は、正直で人間味があっていいやつだな、かわいらしいやつだなって感じましたね。2人とも同い年で、全然雰囲気は違うけど、気持ちの良い人たちだと思いました」とコメントした。

ドラマ公式Twitter(https://twitter.com/diver_ktv)では、リアルタイム視聴者参加型企画として「#ドラマDIVERに質問」企画を実施。第3話の放送がスタートする後9時から後10時20分までの80分間、第3話に関する質問を募集。「#ドラマDIVERに質問」のハッシュタグをつけたツイートの中から選ばれた質問に対し、キャストが公式Twitter上で回答していく。(回答は翌日予定)

<第3話(10月6日放送)あらすじ>
神戸の中華街で、男が背後から何者かに刺されて死亡した。被害者の飯島洋介(梅原勇輝)は、8年前、遊ぶ金欲しさに高級住宅街に住む女性と幼い子供を殺害。当時、警視庁で捜査の指揮をとっていた伊達(安藤政信)が飯島を逮捕したが、飯島の親族が警察関係者の天下り先企業の重役であることから、警察は殺人の証拠を捏造。飯島は減刑されていた。
飯島がなぜ殺されたのか、一抹の不安を抱いている伊達の元に、「8年前の事件関係者の家族が相次いで誘拐されている」と情報が入る。D班のホワイトハッカー・宮永壮一(浜野謙太)が調べたところ、判決を下した裁判官、減刑に導いた弁護士、そして真実を隠蔽した警察に対し、闇サイトで高額な懸賞金がかけられていた。そして、ターゲットとして伊達の名前も挙げられていた。
ひとり娘の亜紀(宮野陽名)の身にも危険が迫っていると伊達が警察による警護を望むも、阿久津(りょう)は、「証拠がない」と非協力的な態度を見せる。警察が事件の捜査に動き出すための証拠を見つけるようD班に命じるが、兵悟(福士蒼汰)は、「あんたの個人的な騒動に巻き込まれるなんてごめんだ」と協力を拒否。そんな中、覆面男たちが伊達の家を襲い…。

番組情報

5週連続ドラマ『DIVER-特殊潜入班-』第3話
カンテレ・フジ系
2020年10月6日(火)後9・00~9・54

出演:福士蒼汰、野村周平、片瀬那奈、浜野謙太、正門良規(Aぇ! group/関西ジャニーズJr.)、中山義紘・正名僕蔵、安藤政信、りょう
原作:大沢俊太郎 「DIVER-組対潜入班-」(集英社)
脚本:宇田学
演出:宝来忠昭、木村弥寿彦(カンテレ)、西片友樹
プロデュース:萩原崇 (カンテレ)、大城哲也(ジニアス)
制作著作:カンテレ

公式HP:https://www.ktv.jp/diver/
Instagram:https://www.instagram.com/diver_ktv/
Twitter:https://twitter.com/diver_ktv

この記事の写真