町田マリーら出演決定!『38歳バツイチ独身女がマッチングアプリをやってみた結果日記』 | TV LIFE web

町田マリーら出演決定!『38歳バツイチ独身女がマッチングアプリをやってみた結果日記』

ドラマ
2020年10月23日

山口紗弥加が主演を務めるドラマパラビ『38歳バツイチ独身女がマッチングアプリをやってみた結果日記』が、11月18日(水)より放送を開始する。この度、町田マリー、野村麻純、増子直純(怒髪天)、佐藤藍子らレギュラーキャストが発表された。

原作は2019年に開催されたテレビ東京、note、幻冬舎による「コミックエッセイ大賞」の入賞作品で、同コンテストの入賞作品をドラマ化した初めての作品となる本作。

友人の勧めから「マッチングアプリ」という世界に足を踏み入れた38歳バツイチ独身の主人公チアキ。そこには年齢差なんて気にしない年下のイケメン男子が大量にいた。しかし、出会う相手には体の関係だけが目的のいわゆる「ヤリモク」男たちもたくさん出現。男性経験があまりないチアキは戸惑いながらも、遅咲きの青春を謳歌するうちに、いつの間にかその世界にどっぷりとハマってしまう。

年齢を重ね「もう私にハッピーな時間なんて訪れないのかな」なんて少し暗くなっている女性たちに、勇気を出して一歩を踏み出せば新しい世界が広がっていることを伝えたいという本作。原作者のまさかの実体験をもとに描かれた、現代を生き抜く女性たちへの応援歌となるような“超現代型”ラブコメドラマだ。

この度、山口紗弥加の演じる主人公チアキを取り巻くレギュラーキャストが発表。まずチアキの親友で、マッチングアプリを始めるきっかけとなったリカ役を町田マリーが演じる。

イラストレーターであるチアキにいつも仕事を回してくれる出版社の編集担当で、友達作りなどカジュアルにマッチングアプリを使いこなすイマドキ女子・まみ役に野村麻純。高校時代からの友人で、チアキの良き相談相手・節子役に佐藤藍子。チアキが行きつけのバーのマスター役に、ロックバンド・怒髪天の増子直純が決定した。

さらに、チアキの“大人カワイイ”衣装も公開。劇中でチアキが着ている様々な衣装もこのドラマの見どころとなっている。酒井麻衣監督は「品が良くクラシカルな世界観を大切にしており、衣装もブリティッシュスタイルのコーディネートをお願いしました。職業がイラストレーターという設定なので芸術家気質でファッションにこだわりのある大人の女性をイメージしています」と明かす。

また、衣装を担当するスタイリストの高橋美咲は「女性の視聴者が観て楽しめるよう工夫しました。アクセサリーやバッグの数も多く、色味を様々にかけあわせたりもしました。また、イヤーカフなどの流行も積極的に取り入れています」とコメント。

続けて「若い男の子とのデートシーンが多いのですが、ピンクより水色を多用したりパールを取り入れたりと『大人カワイイ』を意識しました。山口紗弥加さんを着せかえ人形のようにしていろんなお洋服を着ていただけたので私もすごく楽しかったです(笑)」と語った。

たくさんの年下イケメンたちを虜にする、大人っぽく品がありながらもかわいらしいデートコーデにも注目だ。レギュラーキャスト陣からのコメントは、次ページを参照。

  1. 1
  2. 2