佐々木蔵之介が異色の“作家刑事”に!中山七里 原作『作家刑事 毒島真理』11・30放送 | TV LIFE web

佐々木蔵之介が異色の“作家刑事”に!中山七里 原作『作家刑事 毒島真理』11・30放送

ドラマ
2020年10月24日

佐々木蔵之介が主演を務めるミステリードラマ『作家刑事 毒島真理』が、テレビ東京の月曜プレミア枠で11月30日(月)に放送決定した。

原作の『作家刑事毒島』は、これまで数多くの小説をドラマ化・映画化されている作家・中山七里が「この作品だけは映像化されたくなかった」と言うほど、異色の主人公が活躍するミステリーだ。

今回、テレビ東京で初主演となる佐々木蔵之介が、主人公・毒島真理を演じる。毒島は、現役のベストセラー作家でありながら元捜査一課の刑事。さらにその経歴を生かし、若手刑事を指導する刑事技能指導官という特殊な肩書を持つ。

そして、その善人顔とは対照的に刑事時代は“えげつない”ほど饒舌に容疑者を追い込んでいき、落ちなかった犯人は1人もいないとの伝説を持っている異色の作家という役どころだ。そんな男が、新川優愛演じる新入り刑事・高千穂明日香と事実上バディを組み、出版業界で巻き起こる連続殺人事件の捜査に乗り出していく。

癖の強い毒島と、空回りしやすい高千穂。2人のやりとりに加え、女流作家・羽衣サヤ役の遊井亮子、長年作家を目指す“ワナビ”只野英郎役の塚地武雅、高千穂の先輩刑事・犬養隼人役の徳重聡、そして高千穂・犬養の上司である麻生警部役の吹越満と実力派の共演者が顔を揃える。

今回の発表に際して、原作者の中山からのコメントも到着。毒島というキャラクターを佐々木蔵之介が演じることについては、「虫も殺さないような善人面という設定なので、原作者として文句の付け所がありません」と納得の言葉を述べている。その上で、「歪んだ性格の犯罪者と更に歪んだ性格の刑事の対決をお楽しみください」と視聴者にメッセージを寄せた。

<番組情報>

月曜プレミア8『作家刑事 毒島真理』
テレビ東京系
2020年11月30日(月)後8・00〜9・54

出演:佐々木蔵之介、新川優愛、遊井亮子、塚地武雅、髙橋洋、宮﨑香蓮、小松和重、水橋研二、コトブキツカサ、徳重聡、吹越満
原作:中山七里『作家刑事毒島』(幻冬舎)

<あらすじ>

出版プロデューサーを名乗っていた百目鬼二郎(コトブキツカサ)という男が刺殺体で発見された。警視庁捜査一課の警部・麻生(吹越満)と犬養隼人(徳重聡)とともに現場に来た新入り刑事・高千穂明日香(新川優愛)は初めての事件現場に気合が入る。
被害者の元勤め先の出版社で聞き込みをすると、新人賞の審査を巡り、百目鬼に「殺してやる」などと書かれた脅迫状が送られていたことが明らかに。そこで犬養が高千穂を向かわせたのは“出版業界にめっぽう強い”というある男のところだった。
それが今や飛ぶ鳥を落とす勢いの売れっ子作家・毒島真理(佐々木蔵之介)。実は元捜査一課の優秀な刑事だったという。高千穂は毒島の毒舌やこだわりに戸惑いながらも、事件の捜査を共に進めることに…。作家であり元刑事でもある毒島はいったいどう真実を解明していくのか!?

<WEB >

公式サイト:https://www.tv-tokyo.co.jp/premiere8_drama/

©テレビ東京