ガッツ石松・中山忍・富田靖子ら出演決定!『コールドケース3』最新予告編も解禁 | TV LIFE web

ガッツ石松・中山忍・富田靖子ら出演決定!『コールドケース3』最新予告編も解禁

ドラマ
2020年10月30日

12月5日(土)より放送開始の『連続ドラマW コールドケース3 〜真実の扉〜』(WOWOW)第9・10話のエピソードが公開。ファイナルゲストとして、ガッツ石松・中山忍・富田靖子らの出演が発表され、全7名よりコメントも到着した。

第9話のタイトルは「故郷」。捜査一課の刑事・百合(吉田羊)たちのもとに、川村琴美がやってくる。先月亡くなった父・恭介の最期の言葉が「大川さん、すまなかった」という意味深な言葉だったという。その「大川さん」とは、川村家が住んでいた団地でトラブルばかり起こしていた大川竜雄という中国残留孤児の男で、ある日殺害されていた。

琴美は父の言葉の意味と、同級生だった竜雄の息子・正雄のためにも事件解決を願い出る。百合たちが調べを進めると、竜雄の事件の1か月前、町内でホームレスが鉄パイプで襲われるという事件が起き、当時中学生だった2人組が逮捕されていた。

本件も同一犯と思われたが、その2人にはアリバイがあり、犯人は見つからなかったという。もう一度事件を洗い直すため、当時の団地の住人たちに話を聞いて回ると、中国残留孤児だった竜雄の過酷な日々が語られて…。

団地の自治会長・佐々木義久役に大地康雄、団地の住人であり事件の目撃者・工藤俊哉役に村田雄浩、同じく住人・児玉利治役にガッツ石松。殺された竜雄の息子・正雄の現代の役に趙珉和、琴美の母・川村清子役に中山忍、琴美の父で意味深な言葉を最期に残した川村恭介役を梨本謙次郎が演じる。

そして、第10話のタイトルは「母の条件」。亡くなった娘に瓜二つの孫を見たとパニックを起こした千鶴が捜査一課へ駆け込んでくる。彼女は以前、薬物依存症だったため、半信半疑で話を聞く百合たち。千鶴は「娘は自分の子供と心中なんてするはずない」と言い張り、これまで娘に対して行ってきたひどい仕打ちに後悔の念を抱いていた。

当時の捜査資料によると、2016年夏、山奥の川で千鶴の娘・雅の水死体が見つかった。雅の娘・ミクの遺体は見つからなかったが、雅のすぐ傍からミクのぬいぐるみが見つかったため、警察は無理心中と判断。百合と信次郎(永山絢斗)は、雅が死ぬ直前まで過ごした母子保護施設「アカシア園」の代表・大野律子に話を聞きに行くことにする。

この施設には依存症やDVで苦しむ母子が身を寄せており、雅は恋人から暴力を受け、母親である千鶴にも頼れず、ミクと公園で野宿しているところを保護されたという。また当時、雅はミクに虐待をしていたこともわかった。

雅が亡くなる前日、アカシア園ではBBQを開催。その最中に行方が分からなくなったミクを探しに行き、雅はそのまま帰らぬ人になっていた。その日、2人の身に一体何が起こったのか…。

そんな中、百合のもとに音信不通となっていた妹の沙耶が訪ねてきて、息子・真人を数日預かってほしいと依頼する。百合は冷たい言葉を言い放つも、翌日に沙耶は真人を置いて姿を消してしまう。

アカシア園の代表・大野律子役に富田靖子。水死体で発見された菱田雅役に北香那、雅の母・菱田千鶴役に神野三鈴。また百合の妹・沙耶役の平田薫は、シーズン1以来の登場を果たした。

出演にあたり、ガッツ石松は「長らく撮影が止まっておりましたがようやく『OK牧場』になり、ホッとしております(笑)。今回は児玉という個性派の男の役を演じておりますが、現代は自分の年齢よりも上の84歳の役でした。それなりになりきった演技をしているつもりでございますので、注目してみていただけますと嬉しいです」と自身の役柄をアピール。

富田も「今回『コールドケース』に出演させていただくにあたっては『偽らないこと』を一番大切にしようと思いながら演じました。そういう意味でも羊さんとの2人のシーンは、同じ思いを共有できていたと思いますし、お互い偽らずに演技ができた印象的なシーンだったと思います」と撮影を振り返った。ガッツ石松と富田をはじめとする、ゲスト7名からのコメント全文は次ページを参照。

さらに、これまでの豪華ゲストを網羅した最新の予告編も解禁。12月5日(土)の放送開始に向けて、期待の高まる映像となっている。

<動画>

最新予告映像

  1. 1
  2. 2
  3. 3