田中圭主演『先生を消す方程式。』いよいよスタート…予告映像の“将軍”と“数字”の意味とは? | TV LIFE web

田中圭主演『先生を消す方程式。』いよいよスタート…予告映像の“将軍”と“数字”の意味とは?

ドラマ
2020年10月31日

『先生を消す方程式。』

田中圭が主演する『先生を消す方程式。』(テレビ朝日系(土)後11・00)が、10月31日にスタートする。

ヒットメーカー・鈴木おさむによるオリジナル脚本作品。田中演じる常に笑顔を絶やさない“恐怖の進学校教師”義澤経男が、高IQの生徒に命を狙われる学園サスペンスで、義澤の同僚役で山田裕貴、生徒役で高橋文哉、久保田紗友、森田想、高橋侃、秋谷郁甫、恋人役で松本まりかが共演する。

放送を前にSNSで話題を呼んでいるのが、最新の予告映像。「その先生の授業は決して受けてはいけない」のキャッチコピーと第1話の見どころが流れ、ラストに“歴史上の偉人の肖像画”が浮かび上がるという内容だ。

その偉人は、将軍・源頼朝。その肖像画とともに「40←104←264←338←11Q2」という、矢印で結ばれた謎の数字も出現する。果たしてこれらはドラマとどう関係し、何を意味しているのか…。

<第1話あらすじ>
名門私立高校“帝千学園”に、ひとりの教師がやって来る。彼の名は、義澤経男(田中圭)。セレブの子息たちが多く、東大進学率も高いこの学校で、今日から3年D組の担任を務めるのだ。義澤は“ある覚悟”を胸に、強烈な笑顔を作って校門をくぐっていく。
義澤は3年D組の副担任・頼田朝日(山田裕貴)から、このクラスにはいろいろと問題があり、半年の間に3人もの教師が担任を辞めていることを教えられる。朝日によると、3年D組には父親が検察のトップで優等生の藤原刀矢(高橋文哉)をはじめ、母親が有名な女医で自らも人気インフルエンサーの長井弓(久保田紗友)、人気飲食チェーンの社長を父に持ち、自身は高校生にマッチングアプリで“パパ活”をさせている大木薙(森田想)、父親が大企業の社長で、おじが政治家だという剣力(高橋侃)ら、裕福でハイステータスな親を持つメンバーがそろっているが、やさしくて人気者の刀矢以外の3人が、親の権力を笠に着て好き勝手にやっていると話す。
義澤が教室に入ると…刀矢を除く生徒全員が自習中で、義澤の挨拶に耳を傾けようともしなかった。弓、薙、力らに反抗的な態度を取られても義澤は一向に気にすることなく、「日々笑っていれば、幸運はついてくる」と、自分が大切にしている“方程式”を笑顔で語る。
やがて、反抗的な生徒たちは義澤がどんな嫌がらせにも動じず、笑顔を絶やさないことにいら立ちを募らせていき…ついに学校一の厄介者・剣力が義澤に対して、危険な攻撃を仕掛けていく。それは義澤と生徒たちの戦いの幕が切って落とされた瞬間だった…。

©テレビ朝日