『極主夫道』原作でも描かれていない龍(玉木宏)と美久(川口春奈)の出会いが明らかに | TV LIFE web

『極主夫道』原作でも描かれていない龍(玉木宏)と美久(川口春奈)の出会いが明らかに

ドラマ
2020年11月01日

『極主夫道』

11月1日(日)放送の『極主夫道』(日本テレビ系)の第4話で、玉木宏演じる龍と川口春奈演じる美久の過去が明らかになっていく。

『極主夫道』は「くらげバンチ」(新潮社)で連載中の大ヒットコミックをドラマ化したもので、玉木が元極道のスーパー専業主夫・龍、その妻・美久を川口春奈が、龍の元舎弟・雅を志尊淳が演じている。

第4話では、美久の両親が龍の家を訪れるところから、物語は始まる。美久のお母さん役にYOU、お父さん役に正名僕蔵を迎え、原作でも人気のあるキャッチボールのシーンなどが描かれ、バレーボールのシーンも再現される。ドラマの後半では、美久の仕事場の話に移っていくが、ひょんなことから、2人はけんかになってしまう。

さらに、原作でも描かれていない龍と美久の出会いやどこに惹かれ、どのようにして2人は結婚に至ったのかが描かれる。

番組情報

日曜ドラマ『極主夫道』
日本テレビ系
毎週日曜 後10・30~11・25