くっきー!、川上未映子、吉澤嘉代子、安達祐実が『東京デザインが生まれる日』にゲスト出演【コメントあり】 | TV LIFE web

くっきー!、川上未映子、吉澤嘉代子、安達祐実が『東京デザインが生まれる日』にゲスト出演【コメントあり】

ドラマ
2020年11月12日

 

東京デザインが生まれる日

モトーラ世理奈が主演を務めるドラマ『東京デザインが生まれる日』(テレビ東京)が12月2日(水)からスタート。各話ゲストとして、くっきー!、川上未映子、吉澤嘉代子、安達祐実が出演することが分かった。

本作は、デザインオフィス「れもんらいふ」代表のアートディレクター・千原徹也の企画・演出によるデザイン業界を舞台にした連続ドラマ。千原がこれまで手掛けてきたデザイン企画や作品をモチーフに、その成立の経緯やプロセス、関わった人々を描く。

ドラマの合間には、これまでの作品に携わったクリエイターや俳優と、千原との「対談ブロック」を挟み、「フィクション(ドラマ)とノンフィクション(対談)のハイブリッド」で構成されたドキュメンタリー風のドラマとなっている。

デザインの世界で奮闘する若きデザイナー役でモトーラ世理奈が出演し、MEGUMI、後藤淳平(ジャルジャル)、もも(チャラン・ポ・ランタン)、伊藤万理華、新井郁、奈良裕也らと共演する。

12月2日(水)放送の第1話のゲストは、野性爆弾・くっきー!。雑誌「bis」で連載中の「女型人間くっきー」を題材に、くっきー!と千原の対談が実現。「クラブのママに扮したくっきー!が手刀でドンペリの瓶を真っ二つにする」という奇抜なアイデアを、限られた予算と時間の中で彼らはいかに形にしたのか、その過程が“ドラマの背景”として語られる。

第2話のゲストは芥川賞作家・川上未映子。「わたし、いい度胸してる」という印象的なキャッチコピーを冠した女性向け下着ブランド・ウンナナクールの広告を題材に、「小説の言葉/広告の言葉」や「好きなことを仕事にすること」について語る。

第3話のゲストはシンガーソングライター・吉澤嘉代子。吉澤の代表曲「残ってる」のCDジャケットを千原と共に手掛けたエピソードを紹介。「後頭部のアップの写真」という印象的なジャケットデザインはどのような紆余曲折の末に生まれたのか、その秘密に迫る。

第4話ゲストは、千原が現在準備中の映画企画「最終日」のティザーで主演を務め、本作のナレ―ションも務める女優・安達祐実。「千原さんは“安達祐実”を素材として面白く扱うという発想を持った一番最初の人」と語る安達が、千原への厚い信頼とこれからの企みを和やかに語る。

  1. 1
  2. 2