高梨臨が『監察医 朝顔』第4話にゲスト出演「優しく流れるような時間がとても好き」 | TV LIFE web

高梨臨が『監察医 朝顔』第4話にゲスト出演「優しく流れるような時間がとても好き」

ドラマ
2020年11月16日

『監察医 朝顔』

上野樹里主演の“月9”ドラマ『監察医 朝顔』(フジテレビ系)の第4話(11月23日(月)放送)に、高梨臨がゲスト出演する。

本作は、2019年7月期に放送された、主人公で法医学者の万木朝顔(上野樹里)と、父でベテラン刑事の万木平(時任三郎)が、さまざまな事件と遺体に向かい合い、かたや解剖、かたや捜査で遺体の謎を解き明かし、遺体から見つけ出された“生きた証”が、生きている人たちの心まで救っていくヒューマンドラマの続編。月9ドラマ初となる2クール連続で放送される。

第4話では、マンションの一室で、20代の若い女性の遺体が発見される。女性は坂井亜衣という名で、職業はウェブデザイナー。亜衣の姉の坂井美優からマンションの大家に、妹と連絡が取れないため様子を見に行ってほしいという電話があり、大家が警察を伴い部屋に入ると、ベッドに横たわって亡くなっている亜衣が発見された。

野毛山署強行犯係の刑事たちと共に現場に入る朝顔。遺体を調べると、亜衣は窒息したようで、首にはうっすらとひも状のもので絞められた痕があり、何者かに首を絞められて殺された可能性が出てくる。

しかし、大家が警察と共に亜衣の部屋に入ろうとした時は、確かに扉には鍵が掛かっていた。さらに窓も全て施錠されていたため、刑事たちは密室殺人なのではないかと疑い始める。そして朝顔は、亜衣の遺体を解剖することになり…。

高梨が演じるのは、亜衣の姉である坂井美優。介護士として多忙な日々を送っている美優は、真面目な人柄で妹思いの優しい女性。もともとは姉妹の仲は非常に良かったが、最近はある理由で姉妹の間には距離が出来ていた。そういった中、亜衣が亡くなったことで、警察からの聞き取りを受ける美優。そこで美優は、妹を殺した犯人に心当たりがあると言い…。

  1. 1
  2. 2