内藤剛志主演『警視庁強行犯係 樋口顕』が連続ドラマ化21年1月スタート【コメントあり】 | TV LIFE web

内藤剛志主演『警視庁強行犯係 樋口顕』が連続ドラマ化21年1月スタート【コメントあり】

ドラマ
2020年11月24日

警視庁強行犯係 樋口顕
内藤剛志が主演を務める『今野敏サスペンス 警視庁強行犯係 樋口顕』(テレビ東京系)が連続ドラマとして、2020年1月クールの金曜8時のドラマ枠で放送されることが決まった。

本作は、本格警察小説の名手・今野敏の原作による本格ミステリー「警視庁強行犯係 樋口顕」シリーズをドラマ化。15年以上にわたりスペシャルドラマとして過去8作放送されており、12月14日(月)には、9作目となる『今野敏サスペンス 鬼火 警視庁強行犯係・樋口顕』が放送される。

警視庁捜査一課強行犯係の警部・樋口顕役は内藤剛志。そして樋口警部の盟友にして最大の理解者、警視庁生活安全部少年事件課の警部補・氏家譲役で佐野史郎、強行犯第三係を見守る上司、警視庁刑事部捜査一課の管理官・天童隆一役で榎木孝明が続投する。

さらに、不器用な父親・顕(内藤)と娘・照美の関係を温かく、時に厳しく見守る樋口の妻・樋口恵子役は川上麻衣子、父親に反発心を持つこともあるものの、信頼を寄せる樋口の娘・樋口照美役は逢沢りな。

記者として野心家ながらその裏には実は暗い過去を持つ記者の遠藤貴子役に矢田亜希子、榎木演じる天童管理官の遠縁にして現代っ子、樋口の部下・菊池和馬役に佐野岳とシリーズでお馴染みのキャストも登場する。

  1. 1
  2. 2