長瀬智也×宮藤官九郎『俺の家の話』に桐谷健太、永山絢斗、江口のりこ、井之脇海、平岩紙、西田敏行が出演決定【コメントあり】 | TV LIFE web

長瀬智也×宮藤官九郎『俺の家の話』に桐谷健太、永山絢斗、江口のりこ、井之脇海、平岩紙、西田敏行が出演決定【コメントあり】

ドラマ
2020年11月27日

『俺の家の話』

2021年1月スタートの主演・長瀬智也×脚本・宮藤官九郎の金曜ドラマ『俺の家の話』(TBS系)に、桐谷健太、永山絢斗、江口のりこ、井之脇海、平岩紙、西田敏行の出演が決定した。

本作は、長瀬と宮藤が11年ぶりにタッグを組む、濃すぎる家族が織り成す王道のホームドラマ。長瀬演じるピークを過ぎたプロレスラーが、能楽の人間国宝である父の介護のために現役を引退し、名家の長男として家族と謎の女性介護ヘルパーを巻き込んで介護と遺産相続をめぐる激しいバトルを繰り広げる。

この度、長瀬ふんする主人公・観山寿一を取り巻く個性的なキャラクターを演じるキャストが決定した。

寿一の父・寿三郎の一番弟子にして芸養子でもある寿限無を演じるのは桐谷健太。長瀬とは『タイガー&ドラゴン』(2005年)など数々の作品で共演経験のある桐谷だが、今回は能楽の名家の長男と芸養子という間柄を演じる。

寿一の弟・踊介を演じるのは、長瀬と初共演となる永山絢斗。踊介は寿三郎の厳しすぎる指導に反発し、家を出てプロレスラーになった兄・寿一とは真逆で、純粋に「能」を愛している。しかし、自分には才能がないことを悟った踊介は能の世界で生きることを諦め、それでも父の役に立ちたくて弁護士になった。

観山家の長女であり寿一の妹・舞を演じるのは江口のりこ。進学塾で講師をしている舞は、女性というだけで宗家を継げず、寿一や踊介に劣等感を抱いている。

また、能楽とは別世界で生きるプロレスラー・プリティ原を井之脇海、寿一の別れた妻・ユカを平岩紙が演じる。

そして、宮藤作品に欠かせない存在である西田敏行が、観山流の宗家であり、寿一の父・寿三郎を演じる。『うぬぼれ刑事』(2010年)では長瀬演じるうぬぼれの父役、『タイガー&ドラゴン』では父子のような関係性の落語家の師匠を演じてきた西田が、今作で長瀬とどのような父子像を見せるのかにも注目だ。

  1. 1
  2. 2