『社内マリッジハニー』板垣瑞生&松井愛莉の“やさしいキス”に反響「二人の絆、最強」 | TV LIFE web

『社内マリッジハニー』板垣瑞生&松井愛莉の“やさしいキス”に反響「二人の絆、最強」

ドラマ
2020年12月04日

『社内マリッジハニー』

板垣瑞生×松井愛莉W主演のMBSドラマ特区『社内マリッジハニー』の第4話が12月3日に放送され、真夏(板垣)の即日婚の理由が判明。SNS上では「優しい三浦さん素敵」「瑞生君の切ない演技最高!」「あみちゃんの優しさ沁みる」と大きな反響が寄せられた。

第3話では、嫉妬してくれない真夏にプンプンのあみ(松井)が「やきもちを焼かせよう!」と、「経理部の子たちと合コンに行ってきます」とメールを送る攻撃に出る。その攻撃に真夏もツンで反撃。さらに、真夏があみに指輪を渡すキュンキュンの展開で幕を閉じた。

12月3日に放送された第4話では、前の家を引き払いに行ったあみが、SNSに自分の部屋の動画を公開していることに気づいた真夏。部屋に駆け付ける真夏は、怒りながら壁ドン。そして「奥さんがかわいすぎて心配する人の気持ちも考えてくださいね」とキス。真夏の突然の行動に「そんな急にデレないで」と驚くあみ。さらに真夏はあみを押し倒すと、Sっ気たっぷりに攻撃。そして空き家で甘々タイムに突入する。

この2人の甘いやりとりに「真夏さんにこんな風に攻められたい!」「真夏さん、いじわるすぎる!」と興奮する声が上がった。

また、お互いの金銭感覚を確かめ合う新婚カップルならではの場面も。真夏にかわいいと言ってほしいとおしゃれをするあみだが、あみの下着や洋服がそれなりに高いことに真夏は「前からうっすら思っていたけれど、春田さんって金使い荒くないか」と独り言。

さらに散在するあみに、真夏は通帳を見せ合おうと提案。しかし予想に反して互いに預金が多いことに2人は驚く。

真夏があみに即日婚の理由を明かすシーンでは、真夏は「本当はもっと早く言わなければいけなかった」と切り出すと、長らく言いだせなかった自身の母親のことを告白する。

真夏の母親を思い、涙を流すあみ。真夏はあみの優しさに胸を打たれ、キスをする。SNS上では「なんて美しいキス」「二人の絆、最強」「マリハニがこの二人でよかった」などのコメントが寄せられた。

第5話では、夫婦として少しずつ歩み寄る真夏とあみの前に、真夏の元カノがやってくるという衝撃展開が起こる。

第4話場面写真

 

©「社内マリッジハニー」製作委員会・MBS
©藤原えみ/小学館