響(竹内涼真)に銃を向けた来美(中条あやみ)の本心は…『きみセカ』Season1最終回場面写真公開

ドラマ
2021年03月16日

『君と世界が終わる日に』

竹内涼真主演『君と世界が終わる日に』(日本テレビ系)のSeason1最終回となる第10話(3月21日(日)後10・30~11・25)の場面写真が公開された。

3月14日放送の第9話では、紹子(安藤玉恵)の命をつなぐため、駐屯地グループへ無線越しに取引を持ちかけた響(竹内)。そんな中、交渉に応じたのは響の撃った矢に貫かれたはずの来美(中条あやみ)だった。交渉の場に医師の来美も同席することを約束させた響は、最後に来美だけに伝わるメッセージを残し、通信を終える。それは響が今も来美を愛していることを意味していた。取引場所であらためて来美と再会し、万感の思いがこみ上げる響だが、一方の来美は拳銃を手に、響へ銃口を向けた。

3月21日放送の第10話の場面写真には、血まみれになりながら銃を構える来美や、響が首藤教授(滝藤賢一)につかみかかるような姿も。首藤教授がこれまでひた隠しにしてきた本当の目的や、響に銃口を向けた来美の本心とは…。いよいよ全ての真相が明らかになる。

『君と世界が終わる日に』
Season1(全10話)
日本テレビ系
毎週日曜 後10・30~11・25

Season2(全6話)
2021年3月スタート
Huluオリジナル配信

公式HP:https://www.ntv.co.jp/kimiseka/
Twitter:@kimiseka_ntv
Instagram:@kimiseka_ntv

この記事の写真