『武士スタント逢坂くん!』春画師・逢坂(濵田崇裕)の着物姿を公開 江戸時代での生活が明らかに

ドラマ
2021年07月19日

7月26日(月)スタートの『武士スタント逢坂くん!』(日本テレビほか 毎週(月)深0・59~1・29 ※初回は深1・09~)から、ジャニーズWEST・濵田崇裕演じる主人公・逢坂の着物姿の写真が公開された。

本作は、2019年11月~2021年4月まで週刊ビッグコミックスピリッツで連載されたヨコヤマノブオ原作の性と笑いにあふれるタイムスリップコメディーをドラマ化。ドラマ単独初主演となるジャニーズWESTの濵田崇裕が、現代にタイムスリップする江戸時代の人気春画師で武士の逢坂総司郎を演じる。

公開された写真には、江戸の地で身を潜めながら春画を描いている逢坂の姿が。寛政3年。今から230年前、逢坂は春画師として闇夜で春画を売る日々を送っていた。春画とは浮世絵の一種。男女の交わりの情景を描いたものであったため、物語では大名の鶯谷寛喜により流布が禁じられていた。令和の街にあふれる「春」に感動が止まらない背景には、こうした決してバレることのできない厳しい時代を過ごしていたことが分かる。

『武士スタント逢坂くん!』では、江戸時代のリアルな情景を映し出すため、シンドラ史上初の本格的な江戸時代セットでのロケを決行。過去から現代に現れ漫画家のアシスタントとなる武士・逢坂の原点を見せる重要な場面となっている。

逢坂の描く劇中漫画・春画を担当したのは、イラストレーター・グラフィックデザイナーのNAGA氏。逢坂の画を担当し「ギャグ漫画のタッチで浮世絵を描けたことがとても新鮮で楽しかったです」と語っている。

イラストレーター・グラフィックデザイナー NAGA氏コメント

今回逢坂くんの絵を担当させていただき、ギャグ漫画のタッチで浮世絵を描けたことがとても新鮮で楽しかったです。
ドラマの仕事をするのは初めてで、台本を読むことから始まり、衣装が決まるまで制作には入れないこと、描く内容が直前まで決まらないことなど、大変なことは多かったですが、新しい経験ができました。
自分も20代の頃は漫画家を目指していたので、逢坂くんとして漫画を描くことにその時の経験が生かせて良かったです。

『武士スタント逢坂くん!』
日本テレビほか
2021年7月26日(月)スタート
毎週月曜 深0・59~1・29
※初回は深1・09~1・39

番組公式ホームページ:https://www.ntv.co.jp/bushi/
Twitter:@bushi_ntv
Instagram:@bushi_ntv

この記事の写真

©ヨコヤマノブオ・小学館/NTV・J Storm