『武士スタント逢坂くん!』第3話 逢坂(濵田崇裕)の恋が動きだす「挙動不審感に注目して」

ドラマ
2021年08月09日

ジャニーズWEST・濵田崇裕主演ドラマ『武士スタント逢坂くん!』(日本テレビほか 毎週(月)深0・59~1・29)の第3話が8月9日(月)に放送される。

本作は、2019年11月~2021年4月まで週刊ビッグコミックスピリッツで連載されたヨコヤマノブオ原作の性と笑いにあふれるタイムスリップコメディーをドラマ化。ドラマ単独初主演となる濵田が、現代にタイムスリップする江戸時代の人気春画師で武士の逢坂総司郎を演じる。

第2話では、春画師である武士・逢坂は、チーフアシスタント・緋村(森本慎太郎)との漫画家アシスタント権を懸けた相撲対決に勝利。師匠の漫画家・宮上(今井隆文)、アシスタントの緋村、瀬戸(長井短)と表現の自由あふれる令和の世を楽しく過ごしていた。

しかし、逢坂は宮上の担当編集・丹内(久保田紗友)を見ると胸がドキドキし、気になって仕方がない。そんなある日、逢坂は宮上と丹内と共に漫画のネタ探しのために公園へ。丹内は写真が趣味で、宮上の資料写真をしばしば撮影しているという。逢坂は初めて見る「写真」に嫉妬。写真と勝負するも、逢坂が描き始めるまもなく、瞬間で写真は画を切り取ってしまい惨敗。逢坂は「己、存在する価値なし!」と立ち去ってしまう。スマホもない、帰り方も分からない逢坂はどこへ行ってしまったのか?

第3話の見どころについて、濵田は「仕事場以外で、オフの日の丹内さんの登場に、逢坂くんはさらにときめいています! おそらく絵以外で、女性に恋をしたのは丹内さんが初めて。恋をしたときの不自然な動き、挙動不審感が出ているので注目してほしい! さらに、恋も動きながらも、想いを寄せている丹内さんによって、画師としての心得を学ぶ姿、僕にとっては見どころです!」と語っている。

『武士スタント逢坂くん!』
日本テレビほか
毎週月曜 深0・59~1・29

この記事の写真

©ヨコヤマノブオ・小学館/NTV・J Storm