『ボイスII』“白塗り野郎”の内通者が警察の中に!? 第5話の新たな場面写真が公開

ドラマ
2021年08月12日

唐沢寿明主演ドラマ『ボイスII 110緊急指令室』(日本テレビ系 毎週(土)後10・00~10・54)の第5話が8月14日(土)に放送される。

『ボイスII』は、2019年7月に放送された『ボイス 110緊急指令室』の続編。緊急指令室“ECU”を舞台に、通報から“3分で現場到着、5分現場確認、10分で検挙”を掲げる捜査官たちの活躍を描くタイムリミットサスペンス。

第4話のラストでは、ついに白塗り野郎の魔の手が樋口(唐沢)に襲い掛かり、目が覚めると枯れた井戸の底に拉致されているという衝撃の映像で終わった。その直前のシーンでは、白塗り野郎に殺害されたと思われる男の発信履歴に、神奈川県警本部長の小野田(大河内浩)の名前があることをひかり(真木よう子)が伝えた。

これまでの白塗り野郎の行動は、樋口たちの動きを全て把握しているとしか思えず、その情報を伝えられるのは、警察内部のごく身近な人物しか考えられない状況が続いており、樋口も「警察に内通者がいる」と考えていた。

公開された場面写真で、樋口が鋭い視線を向けているのは捜査一課長の重藤通孝(藤本隆宏)。重藤はたびたび樋口と衝突し、樋口の存在を面白く思っていない人物。樋口の疑いの目にも気づかず、不敵な笑みを浮かべているこの男が内通者なのか。それとも、もっと身近にいる意外な人物の可能性もあるのか…。一人一人の細かな行動から目が離せない。

『ボイスII 110緊急指令室』
日本テレビ系
毎週土曜 後10・00~10・54

この記事の写真