橋本じゅんが『#家族募集します』に出演 初共演の重岡大毅は「しなやかな強さと優しさの塊みたいな方」

ドラマ
2021年08月13日


橋本じゅんが、ジャニーズWESTの重岡大毅が主演を務める金曜ドラマ『#家族募集します』(TBS系 毎週(金)後10・00~10・54)の第4話(8月20日放送)から出演することが決定した。

本作は、それぞれに悩みや秘密を抱えるシングルファーザー&マザーたちが、ひとつ屋根の下で子育てをしながら共に過ごし“家族”になっていく姿を描く、新時代のホームドラマ。主演に重岡大毅(ジャニーズWEST)、ヒロインに木村文乃、共演に仲野太賀、岸井ゆきのを迎えて送る。脚本は『山田太郎ものがたり』『カンナさーん!』などを手掛けたマギー。オリジナル脚本で、“家族とは何か”“家族といる時間の大切さ”をハートフルに描く。

橋本が演じるのは、蒼介(仲野)がそのままにしていた「#家族募集」のSNSへの投稿を見て、8歳の娘・いつき(板垣樹)を連れて突然「にじや」にやって来る強面でワケありなシングルファーザー・黒崎徹。

俊平(重岡)と礼(木村)も「にじや」に住むことを決め、7人で楽しく暮らし始めた矢先に突然やって来た新たな入居希望者の黒崎。「今日から入居したい」という黒崎だが、その威圧的な態度に「にじや」のメンバーは困惑する。しかも、ぎくしゃくした雰囲気を漂わせる黒崎親子には、何か大きな問題がある様子。そんな黒崎親子の入居を巡って、「にじや」メンバーの間に意見の食い違いが生まれてしまう。

橋本がTBSのドラマに出演するのは、金曜ドラマ『MIU404』以来、約1年ぶり。『MIU404』では真っすぐで熱い刑事役を好演したが、今回演じるのは常に仏頂面で高圧的なシングルファーザーだ。

「にじや」のメンバーとは年齢も雰囲気もまるで違う黒崎。にぎやかで平和な暮らしが始まるかに見えた「にじや」に、橋本演じる異色な存在の黒崎がどんな事件をもたらすのか注目だ。

橋本じゅん コメント

TBSの金曜ドラマに約1年ぶりに帰って来ることができて、とても光栄です。
僕が演じる黒崎は、「にじや」に暮らす3人の親とは全く違うタイプの人物なので、「異物感」を出せるように意識しています。黒崎が出てきたら空気が一変する、みたいな存在でいられたらと思っています。
ただ現場はとても楽しい雰囲気なので僕も乗っかりたくなってしまうのですが、そこは我慢(笑)。皆さんの明るい空気に勇気と元気をもらいながら、大人の黒崎としての“いかた”を模索しています。
主演の重岡さんとは初共演ですが、しなやかな強さと優しさの塊みたいな方。すごいエンターテイナーだなと思いますし、座長としてカッコイイです。
このドラマは、こういう“家族”がどこかにいても良いのではと思えるお話だと思います。こんな時代だからこそ、助け合って暮らしていく「にじや」の人々の姿を観て、少しほっとした気持ちになっていただけたらと思います。

<第4話(8月20日(金)放送)あらすじ>
ついに正式に俊平(重岡大毅)と礼(木村文乃)も「にじや」で暮らし始め、大人4人と子供3人の和気あいあいとした暮らしがスタート。
蒼介(仲野太賀)は「にじや」に活気を取り戻すため店内を改装。めいく(岸井ゆきの)はバイトを始めたりと、それぞれが新しい一歩を踏み出していた。
そんな順風満帆な「にじや」に大事件が勃発。
蒼介がそのままにしていた「#家族募集します」の投稿を見て、強面で威圧的な黒崎徹(橋本じゅん)と8歳の娘・いつき(板垣樹)が突然「今日から入居したい」とやって来たのだ。しかし、既に「にじや」は満員で、新たな同居人を受け入れるスペースがない。
高圧的に迫る黒崎に毅然と反論する礼。一方で、いつきの寂しそうな表情が気になる俊平たち。ちょっとした意見の食い違いから、礼と俊平たちの間に小さな亀裂が生まれてしまう。
そんな気まずさをどうにか修復しようと、俊平は礼とコミュニケーションを取ろうと奮闘。すると、礼には思わぬ秘密があることが発覚する。

金曜ドラマ『#家族募集します』
TBS系
毎週金曜 後10・00~10・54

この記事の写真

©TBS