江口のりこと赤楚衛二が初共演!金持ち女社長×貧乏学生のジェットコースタードラマ誕生

ドラマ
2021年08月18日

10月期のフジテレビ木曜劇場が、『SUPER RICH』に決定。主演の江口のりこに加えて、赤楚衛二の共演が発表され、両名よりコメントも到着した。

本作は、幸せのカタチ=“スーパーリッチ”を追い求めるキャリアウーマンの、ジェットコースターのような波瀾万丈な半生を描く完全オリジナルドラマ。主演を務める江口のりこは本作でゴールデン・プライム帯ドラマ初主演を果たし、苦悩を抱えながらも日々をひたむきに生きるアラフォー女性のリアルな心情を描き出す。

江口が本作で挑むのは、プライベートを顧みず、仕事一筋で生きてきたベンチャー企業の社長・氷河衛(ひょうが・まもる)。そのせりふは全編を通して関西弁を予定しており、兵庫県出身の江口が毒舌混じりの小気味よい“ネイティブ関西弁”を放っていく。

そして、江口と初共演となる赤楚衛二が演じるのは、衛が経営するベンチャー企業「スリースターブックス」のインターン試験を受ける、貧乏な専門学生・春野優(はるの・ゆう)。

日々困難に直面する衛を懸命に支えながらも、時に翻弄する年下の無邪気な“子犬系男子”で、会社の未来や衛の人生をも大きく変えていく。物語が進むにつれ、優が成長し、“脱子犬化“する姿も必見だ。

さらに、衛と優を取り囲む「スリースターブックス」の社員やインターン仲間には、若手から国民的スターまで個性豊かな俳優陣が顔を揃えているとのことで、続報からも目が離せない。

出演にあたり、江口は「台本を読んでみて、1話からスピーディーな展開で『その先を早く読みたい!』と、ワクワクしました。まったくのオリジナル作品なので、どうやって面白くしていくのかをチームのみんなで探していけたら」と本作にかける思いを語る。

また、初タッグとなる赤楚については「柔らかい雰囲気の方なので、リラックスしてお話ができそうだなぁとホッとしました」と印象を明かした。対する赤楚も江口について「このたび撮影で初めてお会いし、凜とした佇まいで、かっこいい方だと思いました」とコメント。

さらに赤楚は「このドラマが、見てくださった皆様の明日の活力になるような作品になれたらうれしいです。今作のテーマである“本当の幸せ”とは何なのか、衛の波乱な半生と共に、一緒に楽しんでいただけたらと思います」と視聴者にメッセージを寄せている。両名のコメント全文は次ページを参照。

氷河衛役・江口のりこ コメント

出演が決まったときは、まずは体力や体調に気をつけなきゃな、と思いました。
そして台本を読んでみて、1話からスピーディーな展開で「その先を早く読みたい!」と、ワクワクしました。まったくのオリジナル作品なので、どうやって面白くしていくのかをチームのみんなで探していけたらなと思います。
共演の赤楚さんは柔らかい雰囲気の方なので、リラックスしてお話ができそうだなぁとホッとしました。
きっと面白いドラマになると思います。ぜひご覧になってください。よろしくお願いします。

春野優役・赤楚衛二 コメント

今までに取り組んだことのない題材と役柄で、新しい挑戦ができることが楽しみですし、木曜劇場にレギュラー出演させていただけて、とても光栄に思います。
台本を読んでみて、困難に直面し、目まぐるしい環境の変化の中でも、氷河衛をはじめとした登場人物たちが日々を一生懸命生きる姿に力強さを感じました。
江口さんはドラマや映画で拝見し存じ上げていたのですが、このたび撮影で初めてお会いし、凜とした佇まいで、かっこいい方だと思いました。
今回僕が演じる春野優からは、世の中に対して不公平さを感じるものの、「自分の人生は自分のものだから光をつかみたい」という気概を感じます。若さ故の不器用さもありますが、役と向き合いながら、そういった人間味も表現できるよう心がけていきます。そして月日がたつにつれ、優の人間力や価値観が変化していく過程も丁寧に描いていけたらと思います。
このドラマが、見てくださった皆様の明日の活力になるような作品になれたらうれしいです。今作のテーマである“本当の幸せ”とは何なのか、衛の波乱な半生と共に、一緒に楽しんでいただけたらと思います。

番組情報

木曜劇場『SUPER RICH』
フジテレビ系
2021年10月放送スタート
毎週木曜日 後10・00〜10・54

出演:江口のりこ、赤楚衛二ほか

WEB

公式HP:https://www.fujitv.co.jp/SUPERRICH

©フジテレビ