横浜流星が日曜劇場『DCU』で阿部寛のバディに ダイバー役に向けライセンスを取得【コメントあり】

ドラマ
2021年08月30日
日曜劇場『DCU』スキューバダイビングのライセンスを取得する横浜流星

2022年1月期に放送される阿部寛主演のTBS日曜劇場『DCU』に、横浜流星が出演することが決定した。横浜は日曜劇場初出演となる。

このドラマは、水中の捜査に特化した架空の組織「DCU(Deep Crime Unit)」を舞台にしたオリジナルドラマで、水にまつわる事件・事故とそこに隠された謎に迫るウォーターミステリー。ドラマの舞台となる「DCU」は、Deep Crime Unit(潜水特殊捜査隊)の略称で、海上保安庁に新設された水中事件や事故の捜査を行うスペシャリスト集団。従来の海上水域だけでなく、警察の捜査では困難な危険極まりない日本全国の河川や湖などあらゆる水中に潜り、隠された証拠を探し出して“水中未解決事件を解明すること”が彼らのミッションだ。

そんな水中捜査を行うスペシャリスト集団「DCU」で、主演・阿部寛が演じる隊長・新名正義とバディを組む隊員ダイバー・瀬能陽生を横浜流星が演じることが決定した。横浜が演じる瀬能は、ダイバーとしての能力がDCUの中でも群を抜く存在。それが強い自信となってチームを引っ張る原動力になることもあれば、一人で突っ走って行き過ぎた行動を引き起こし、逆にチームに迷惑をかけることもある。幼いころ、家族旅行中に海難事故に巻き込まれて両親を亡くし、自身は新名に助けられたという過去を持つ。

横浜は、このドラマの撮影に先立ってスキューバダイビングのライセンスを取得した。中学時代には極真空手の世界王者に輝いたこともある運動神経の持ち主である横浜。持ち前の身体能力を生かした水中の演技に期待が高まる。

横浜流星 コメント

今回は初共演させていただく阿部さんとバディを組む設定ということですごく光栄に思っています。阿部さんの魅力は絶大な信頼感、安心感、存在感。全てにおいて大きな方という印象があって、だからこそ今回お芝居できるのが本当にうれしいです。現場での阿部さんの全てを学び吸収して、全力で食らいついていきたいです。

この『DCU』は、TBSがハリウッドでも活躍されている制作プロダクションとの共同制作で「新しい日曜劇場」を作るということで、僕自身も日曜劇場の出演は初めてですが、大きなプロジェクトに参加できることで俳優としてひとつステップアップできると思っています。ただ真っすぐ熱い魂をもって、失敗を恐れず全力で作品と向き合うことを第一に考えたいと思います。

海洋実習では普段見られない水の中の世界が見られて、それと同時にただ楽しいだけではなく水への怖さも感じることができたので、この両面の感情を大事にしていきたいです。捜査シーンの撮影をする時も気を引き締めて集中力を切らさずにダイビングをしたいと思います。

『DCU』はウォーターミステリーという全く新しいジャンルの作品です。このドラマのためにダイビングのライセンスを取りました。まだ台本をいただいていないのでどういう物語なのかすごくワクワクしています。皆さんも来年1月をぜひ楽しみに待っていてください!

伊與田英徳プロデューサー コメント

意思の強い骨太なお芝居のなかに、繊細な感情を表現される、若手俳優の中で最も際立っていらっしゃる役者さんだと、活躍を拝見していてぜひご一緒したいと切望しておりました。
今回、DCUの若手隊員の瀬能という役は、過去の事故で両親を亡くしたからこそ、目の前で起きた事件や事故と真摯に向き合うとても大切な役どころです。この重要な役は、横浜流星さんしか演じることができないと思いオファーしました。
初めてお会いした時に、独特なオーラに圧倒されてドキドキしたのを覚えております。ダイビングのライセンスを取得されるとき、水に真っすぐに向かっていかれる姿を見て、瀬能という役のキャラクターのイメージがますます広がっていきました。そして、阿部寛さん演じる新名とのバディ姿が今から楽しみです。皆さん1月の放送を楽しみにお待ちいただけたらと思います。

日曜劇場『DCU』
TBS系
2022年1月スタート
毎週日曜 後9・00

<キャスト>
新名正義…阿部寛
瀬能陽生…横浜流星

<スタッフ>
製作著作:TBS
制作:TBSテレビ
共同制作:ケシェット・インターナショナル、ファセット4メディア
協力:海上保安庁
プロデューサー:伊與田英徳、関川友理

番組公式 Twitter:@DCU_japan
番組公式サイト:https://www.tbs.co.jp/DCU_japan/

この記事の写真

©TBS