『ハコヅメ』三浦翔平、山田裕貴、西野七瀬ら町山署刑事課メンバーを描くHuluオリジナルストーリー独占配信

ドラマ
2021年09月13日
©泰三子・講談社/NTV

戸田恵梨香、永野芽郁W主演ドラマ『ハコヅメ~たたかう!交番女子~』(日本テレビ系 毎週(水)後10・00~11・00)のHuluオリジナルストーリー『ハコヅメ~もっとたたかう!町山署の人々~』が、9月15日(水)の地上波最終回放送直後から独占配信される。

本作は、元警察官の泰三子が講談社「モーニング」で連載中の「ハコヅメ~交番女子の逆襲~」が原作。戸田演じる元エース刑事・藤聖子と、永野演じるひよっこ新米警察官・川合麻依の凸凹交番女子ペアを通して、身近なようで意外と知らない“お巡りさん”の笑いあり涙ありのリアルな日常が描かれる。

Huluでは、ドラマ本編の全話見逃し配信に加えて、源(三浦翔平)、山田(山田裕貴)、牧高(西野七瀬)ら町山警察署・刑事課メンバーたちの知られざるマル秘エピソードを描くオリジナルストーリーを独占配信。刑事課で激務に追われる刑事たちの日常を描いていく。

事件続きで働き詰めの町山署刑事課は疲労がピークに。山積みの書類と格闘する紅一点の牧高の傍らには、同じく疲労困ぱいの源、山田をはじめとする刑事たちの姿があり、彼らも一人、また一人と怪しい言動を取るように。ついには、刑事課崩壊の危機が訪れてしまう。

睡眠不足の果てに末期症状に陥った源&山田ペアの奇行、薄れゆく北条係長(平山祐介)の意識、容赦ない吉野副署長(千原せいじ)の罵倒、空回りする鈴木(渕野右登)の失言。「仕事やる気メーター」が急降下した牧高は、本編でも言及された“司馬遼太郎先生”に心の中で語りかけ、現実逃避をしようとする。激務続きで限界状態の刑事たちは、無事にその日を乗り切ることができるのか。

放送・配信情報

『ハコヅメ~たたかう!交番女子~』
日本テレビ系
毎週水曜 後10・00~11・00
放送終了後からHuluで見逃し配信

Huluオリジナルストーリー『ハコヅメ~もっとたたかう!町山署の人々~』
2021年9月15日(水)地上波第9話放送終了後(後11・10頃)からHuluにて独占配信

©泰三子・講談社/NTV

この記事の写真