『ハコヅメ』永野芽郁が涙と笑顔のクランクアップ「救われた夏になった」

ドラマ
2021年09月14日

『ハコヅメ~たたかう!交番女子~』(日本テレビ系 毎週(水)後10・00~11・00)で、新米警察官の川合麻依を演じる永野芽郁がクランクアップを迎えた。

本作は、元警察官の泰三子が講談社「モーニング」で連載中の「ハコヅメ~交番女子の逆襲~」が原作。戸田恵梨香演じる元エース刑事・藤聖子と、永野演じるひよっこ新米警察官・川合麻依の凸凹交番女子ペアを通して、身近なようで意外と知らない“お巡りさん”の笑いあり涙ありのリアルな日常が描かれる。

永野のクランクアップは、守護天使の捜査を進める郊外の農園でのシーン。川合が守護天使に迫る、緊迫した場面だ。

最後のシーンを撮り終え「川合麻依役、永野芽郁さんオールアップです!」の声がかかると、永野はガッツポーズ。スタッフから歓声と大きな拍手が送られ、監督から花束が渡された。永野が「お疲れ様でした。泣きそう…」と涙を浮かべると、スタッフから「頑張って!」と声が飛んだ。

永野は「頑張れない…(笑)」と返しながらも「最後まで応援してくれる人たちがたくさんいて、すごく力をもらいました。私にとってもすごく楽しい夏にしたいという気持ちで撮影に入ったんですけど、楽しくて面白い作品を見てもらうためには本当にいろんな大変なことがあるんだなと感じました。でも、現場の皆さんの頑張りを認めてくださる方たちがたくさんいて、最終的に見てくださった方に楽しんでいただけて、救われた夏になったなと思います。また皆さんと楽しい作品が作れる一人になれたらいいなと思います。本当にお世話になりました。ありがとうございました!」と最後は満面の笑みを見せた。

『ハコヅメ~たたかう!交番女子~』
日本テレビ系
毎週水曜 後10・00~11・00

この記事の写真