松下由樹&浅野ゆう子が共演!小杉健治の名作サスペンスの第2弾『当番弁護士』10・4放送

ドラマ
2021年10月02日

松下由樹主演のドラマ「小杉健治サスペンス『当番弁護士 梶原藤子の事件ファイル~鬼子母神の女』」(テレビ東京系)が、10月4日(月)後8・00から放送する。

本作は、人情派の弁護士が浅草を舞台に難事件に挑む小杉健治の名作をドラマ化したもので、昨年放送し好評を博した『当番弁護士 梶原藤子の事件ファイル』に続く第2弾となる。あいまいな供述を繰り返し、自分を信用しない被疑者を相手に人情派の熱血女性弁護士が事件の謎を解くサスペンス。

前作同様、弁護士会から派遣された当番弁護士として、殺人事件の弁護を引き受け奔走する梶原藤子を松下由樹が演じ、今回殺人事件の容疑者として逮捕されるも犯行を否認、藤子に弁護を依頼した「Tsukasaビューティ・ホールディングス」代表・司万里子を浅野ゆう子が演じる。“サスペンスドラマの女王”と謳われる浅野ゆう子が4年ぶりのサスペンスドラマ出演となる。

また、前作に引き続き、藤子の実家が経営する喫茶「初音」の常連客で編集者の高林信介を演じる中村俊介、藤子の義父で羽子板職人梶原萬治を演じる田村亮、藤子の同期の東京地検検事・村川泰江を演じる南野陽子らが続投。

万里子が代表を務める「Tsukasaビューティ・ホールディングス」の警備主任・本多憲一を榎木孝明、事務長・飯沼和代を真飛聖、児童養護施設「ひだまりの家」のスタッフ・矢代沙織を吉本実憂が演じる。

放送に先駆け、10月3日(日)後2・00からシリーズ第1弾『当番弁護士 梶原藤子の事件ファイル』が再放送する。

 

松下由樹 コメント

当番弁護士の梶原藤子をまた演じられて大変うれしいです。
下町の喫茶店を営む個性豊かな家族に難しい年ごろの一人娘、羽子板職人の優しい義父、いつも藤子を助けてくれる高林さん、藤子を取り巻く人たちが大好きです。
浅草や下町の風情の中で人情派弁護士の藤子を演じる心地よさを感じます。
今回は白を黒としないことが信条の藤子に大きな壁が立ちはだかります。浅野ゆう子さん演じる司万里子との攻防戦のやり取りが見どころです! 10月4日ぜひ見てください。

浅野ゆう子 コメント

今まで数々のサスペンスドラマに出演させていただいてまいりました。
サスペンスドラマといえばそのほとんどが2時間という限りある時間の中で事件が起こり人間模様が繰り広げられ、そして解決する。
似て非なるさまざまなストーリー、設定、シチュエーション、キャラクター…。
星の数ほどあるサスペンスドラマがご覧いただきます皆さまに愛され続けてきたのは、限られた時間内でスッキリと楽しんでいただける。そんな作り方も大きいのではないでしょうか。
もちろん私もそんなサスペンスドラマのファンであり、見ることも、演じさせていただきますことも大好きです。
今でも私はサスペンスドラマに育ててもらった女優だと、自分の中で感謝の気持ちを大きく持っております。
そんな私にとりまして、久しぶりのサスペンスドラマとなります、このたびの「小杉健治サスペンス『当番弁護士 梶原藤子の事件ファイル〜鬼子母神の女』」司万里子というキャリアを積み重ねてきた女性の役を頂き、改めてきちんとサスペンスドラマと向き合う機会を頂戴致しました。
生意気なようですがこの作品は、とてもクオリティーが高く人間模様もとても奥が深く、演じさせていただいていてとても面白く楽しかった。 上質のサスペンスだという感想を持たせていただいた作品でした。
時代の移り変わりでいろいろな諸事情やニーズの問題等々があることとは存じますが、どの世代にも楽しんでいただけますサスペンスドラマはなくなってはいけない。と、改めて感じさせていただいた作品でもありました。
松下由樹さんときっちり共演させていただきますのは初めてとなります。
実は誕生日が一緒なので(もちろん年齢は大幅に違いますが 笑)一方的にではございますが私の中でとても親近感があり、気になる女優さんでした。
松下さんのお人柄が垣間見える梶原藤子さんはとてもすてきでした。
そんな松下さんとご一緒させていただき、楽しい時間を過ごさせていただきました。
「小杉健治サスペンス『当番弁護士 梶原藤子の事件ファイル〜鬼子母神の女』」緊急事態宣言は解除となりましたが、引き続き秋の夜夜長のお家時間、たくさんの皆様にゆっくりとご覧になってお楽しみいただけますことを願います。

小杉健治サスペンス
『当番弁護士 梶原藤子の事件ファイル~鬼子母神の女』
2021年10月4日(月)テレビ東京系 後8・00~9・54

(STAFF&CAST)
原作:小杉健治
監督:水谷俊之
脚本:洞澤美恵子
出演:松下由樹、浅野ゆう子、中村俊介、田村亮、榎木孝明、南野陽子、真飛聖、吉本実憂ほか

(STORY)
弁護士の梶原藤子(松下)は、弁護士会から派遣される「当番弁護士」として美容業界のカリスマ・司万里子(浅野)の接見を依頼される。万里子にはジャーナリストの菱田(大浦龍宇一)を殺した容疑がかけられていた。万里子は菱田に脅されており、事件現場から立ち去る姿が目撃されていた。しかし藤子はなぜ顧問弁護士に依頼しないのか不思議がり…。万里子は藤子に弁護を依頼するが、脅されていたことを話そうとせず…。

©テレビ東京