『恋です!』ユキコ(杉咲花)と森生(杉野遥亮)が映画デート 第2話あらすじ&場面写真公開

ドラマ
2021年10月13日

杉咲花主演の水曜ドラマ『恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~』(日本テレビ系 毎週(水)後10・00~11・00)の第2話(10月13日(水)放送)のあらすじと場面写真が公開された。

本作は、WEB連載での閲覧数累計2000万PVを突破したうおやまによる話題作が原作。光と色がぼんやり分かる程度の弱視の盲学校生・赤座ユキコ(杉咲)が、誰からも恐れられている不良少年・黒川森生(杉野遥亮)に出会い、不器用ながら少しずつお互いのことを理解しひかれ合っていくラブコメディ。

第2話では、ユキコと森生が映画を見に行くことに。一方で、ユキコの姉・イズミ(奈緒)や、森生に思いを寄せるハチ子(生見愛瑠)の思惑が絡み、2人の恋は前途多難な様相を見せる。

<第2話(10月13日(水)放送)あらすじ>

映画を見に行くため、待ち合わせ場所に向かっていたユキコは、いつもの道で森生に再会する。すっかりユキコになつき、うれしそうな森生。
そんな中、一緒に行くはずだった同級生の空(田辺桃子)から風邪をひいたと電話が入り、急きょ予定はキャンセルに。家に帰ろうとするユキコに、森生は自分と一緒に映画に行こうと提案する。男子と2人で映画を見ることに抵抗を覚えつつ、森生に押し切られたユキコは2人で映画館へ。
その頃、森生から約束をドタキャンされた花男(戸塚純貴)と草介(堀夏喜)は、いつもの喫茶店に集合。茜(ファーストサマーウイカ)の姪・ハチ子(生見愛瑠)は、森生がユキコと映画に行ったことを知り、面白くない態度を見せる。花男はハチ子の恋心を確信するが……。

『恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~』
日本テレビ系
2021年10月13日(水)後10・00~11・00

この記事の写真