『二月の勝者』第2話 中学受験に向いてない生徒への黒木(柳楽優弥)の戦略とは

ドラマ
2021年10月23日

柳楽優弥主演のドラマ『二月の勝者-絶対合格の教室-』(日本テレビ系 毎週(土)後10・00~)の第2話が10月23日(土)に放送される。

本作は、累計200万部以上の中学受験の実態をリアルに描いた人気漫画が原作。主人公の最強で最悪なスーパー塾講師・黒木蔵人を柳楽、冷徹な黒木に反発する新任講師・佐倉麻衣を井上真央、黒木に執着し続ける超名門中学受験塾のトップ講師・灰谷純を加藤シゲアキが演じる。

10月16日に放送された第1話では、「合格に必要なのは、父親の経済力と母親の狂気」「親はスポンサー」など黒木が塾講師に放ったストレートすぎる強烈な言葉のほか、「あり得ないなんてことはない。不可能を可能にする。それが中学受験です」と桜花ゼミナールの生徒の前で全員合格を断言するシーンに、SNS上では「黒木先生の言葉が刺さった、黒木先生の名言に泣いた」などの反響が集まった。

第2話では、佐倉が、担任を任されたRクラスで授業中いつもボーっと窓の外を眺めている加藤匠(山城琉飛)にどうにかやる気を出させようと意気込む。しかし黒木からは「Rクラスはお客さんですから、一生懸命にならないでください」と言われ言葉を失う。さらに、答案と成績表を「顧客の評定リスト」「Rクラスは不良債権だらけ」と厳しい言葉で言い捨てられる。

『二月の勝者-絶対合格の教室-』
日本テレビ系
2021年10月23日(土)後10・00~

この記事の写真