ヒコロヒーが店主を取材 宇垣美里主演の第1話に登場 『黙食女子』

ドラマ
2021年11月30日

島崎遥香、宇垣美里、紺野彩夏が主演を務めるオリジナルドラマ『黙食女子』(ひかりTV)。12月3日(金)放送の第1話予告映像と場面写真が解禁され、第1話のスペシャルゲストとして、ヒコロヒーが出演することが分かった。

本作は、うどん好き女子たちが至福の一杯を求めてうどんの名店を巡るグルメドキュメンタリードラマ。各話に登場するうどん好き女子が、日々の喧騒(けんそう)から離れ、雑念を取り払い、無言で目の前にある一杯のうどんに全集中して向き合う。

第1話の主人公は、フリーアナウンサーの宇垣美里。本郷三丁目にある「味噌煮込罠」を訪れ、名物「味噌煮込みうどん」を堪能。スペシャルゲストとして、ヒコロヒーが雑誌編集者役で登場する。また、店の店長も登場し、名店ならではのウンチクが語られる。

番組情報

オリジナルドラマ『黙食女子』
ひかりTVチャンネル/ビデオサービス
2021年12月3日(金)スタート
毎週(金)後10・30~

出演:島崎遥香、宇垣美里、紺野彩夏

公式サイト:https://www.hikaritv.net/sp/mokusyokujyoshi/
公式Twitter:@mokusyokujyoshi
公式Instagram:@mokusyokujyoshi

<第1話 あらすじ>
東京都・文京区、本郷三丁目。滝田凛(宇垣美里)が訪れたのは、名古屋名物の味噌煮込みうどん専門店「味噌煮込罠」。茶色で統一された店内には、八丁味噌のいい匂いが広がる。キムチやイタリアンなど数ある味噌煮込みうどんメニュー中から、滝田は定番のものをチョイス。カウンター席では雑誌編集者(ヒコロヒー)が店主を取材中。
母校東大の近くに構えた理由や味噌へのこだわりに迫っていた。やがて滝田のもとにも味噌煮込みうどんが到着。
グツグツの鍋にうっとりの滝田であった…。

この記事の写真