中村ゆりか「驚きのあまり時が止まりました」 民放連続ドラマ初主演『部長と社畜の恋はもどかしい』

ドラマ
2021年12月04日
©志茂・ぶんか社/「部長と社畜の恋はもどかしい」製作委員会

2022年1月5日(水)から放送されるドラマParavi枠『部長と社畜の恋はもどかしい』で、中村ゆりかが民放連続ドラマ初主演を務めることが分かった。

原作はコミックサイト「マンガよもんが」で連載中の志茂による同名漫画。累計100万ダウンロードを超え、オフィスや恋愛でのあるあるに働く女性たちからの共感の声が殺到の人気原作がついにドラマ化される。

三度の飯よりも仕事が大好きな社畜OLの主人公・丸山真由美(通称:まるちゃん)は、ある日、会社の飲み会後、酔った勢いで「定時に上がる」ことをモットーとして働く堤司(テイジ)部長と一線を超えてしまう。

堅物なイメージとは違い、優しい部長を好きになってしまったまるちゃんだが、翌日「俺たちは大人だから分かるよな?」と言われてしまい…。残業女子と定時男子、仕事のやり方も考え方も全く違う2人のもどかしすぎる恋模様に目が離せなくなること間違いなしのオフィスラブコメディーだ。

主人公・丸山真由美を演じる中村は、民放連続ドラマ初主演。出演について「今回お話を頂いて、そして主演と聞いて、驚きのあまりしばらく時が止まりました。今まで演じさせて頂いた役とは180度違っていて、とても元気で明るい役柄に挑戦させて貰えるのは本当に嬉しいです」と、喜びを語った。

また、本作は動画配信サービス「Paravi」で12月29日(水)後9・00より独占先行配信が決定。まるちゃんが恋する上司や、同僚たちを演じるレギュラーキャストは近日公開される予定。

中村ゆりか コメント

今回お話を頂いて、そして主演と聞いて、驚きのあまりしばらく時が止まりました。今まで演じさせて頂いた役とは180度違っていて、とても元気で明るい役柄に挑戦させて貰えるのは本当に嬉しいです。
原作・台本を読んで、すれ違いから始めるオフィスラブだけではなくて、働き方にも視点を置いているので、現代社会にとって見落としてしまっている事だったり、健康的な生活リズムに少しでも意識を向けられるきっかけになるような物語だなと感じました。
まるちゃんは仕事が純粋に好きなんだと感じ、ひたむきに頑張る姿がとても逞しいと印象を持ちました。彼女のように一生懸命に生きていて頑張っている人は、この社会において居なくてはいけない存在だと思いますし、しっかりと演じなくてはいけないなと思いました。
このドラマは、可笑しくなるくらい予想外のところですれ違う2人がいます。そんなチャーミングな世界観にハマって頂けるはずです!
共演者の方々とスタッフさん達とで一致団結して、日々の疲れにパワーを与えられるようなドラマにしていけるよう奮闘します!
是非ドラマをご覧ください。

原作・志茂 コメント

ドラマ化のお話をいただいてから毎日、ただひたすらきゃっきゃとはしゃぎながらドラマ制作の方々のお知らせ待つ姿勢でおります。
企画書や脚本を拝見した時からドラマ制作の方々には信頼しかありません!
このお話の主人公ふたりは「仕事に一生懸命になりすぎる主人公にとってのスーパーダーリンとは?」と私の夢をつめこんだカップルです(私はもと社畜です)。何事にも全力ゆえにもどかしく切なく笑えてしまう二人を楽しんでいただけたらと思います。

番組情報

ドラマParavi『部長と社畜の恋はもどかしい』
テレビ東京、テレビ大阪、テレビ愛知、テレビ北海道、テレビせとうち、TVQ 九州放送
2022年1月5日(水)深夜0・30 放送スタート
動画配信サービス「Paravi」で2021年12月29日(水)後9・00より毎話独占先行配信

番組公式HP:
https://www.tv-tokyo.co.jp/shachikoi/

この記事の写真