綾瀬はるか「たくさん笑って良い新年を迎えて」『義母と娘のブルースSP』制作発表

ドラマ
2021年12月22日
『義母と娘のブルース 2022年謹賀新年スペシャル』製作発表

2022年1月2日(日)後9・00から放送される『義母と娘のブルース 2022年謹賀新年スペシャル』(TBS系)の制作発表が行われ、綾瀬はるか、竹野内豊、佐藤健、上白石萌歌、井之脇海が着物姿で登壇した。

『義母と娘のブルース』は、桜沢鈴による同名4コマ漫画(ぶんか社刊)を原作に、2018年7月期に火曜ドラマ枠で放送。主人公のキャリアウーマンが8歳の娘を持つ男性に突然プロポーズされ結婚、畑違いの家事やママ友の世界に足を踏み入れ、娘の母親になろうと一生懸命に奔走しながら家族と過ごす10年間の物語を描いた。

2020年の正月には、連続ドラマの1年後を描いたスペシャル版を放送し、大きな話題となった。そして今回、義母と娘の愛の物語の完全新作が2022年の正月に放送される。

主人公・亜希子役の綾瀬は「久しぶりに眼鏡とスーツとアタッシュケースを持ったら、スッと体が覚えていた亜希子さんに戻って。てきぱきカチカチきっちりと、気合を入れて演じさせていただきました。今回、旦那さんに顔がそっくりな人に恋心を持つみたいなところがあって。その葛藤と揺れるシーンがすごくユーモアがあるんですけど、そこを一生懸命演じさせていただきました」と話した。

亜希子の亡き夫・良一と、今作のキーマンとなる良治の二役を演じる竹野内は「一つの作品の中で一人二役というのは、あまり今まで振り返ってもなかったものですから、とても新鮮な気持ちで楽しんでやらせていただきました。今回は、皆さんを振り回すポジションだったので、ちゃんとできたか心配ですが、出来上がりを私も楽しみにしています」と語った。

亜希子に思いを寄せる麦田役の佐藤は「今回が麦田的にも一番やらかしてしまうんですよ。だから、ぜひテレビを見ながらしかってほしいなと。温かい目で見守りながら、“おまえ何やってんだ”とツッコんでいただけたらありがたいなと思います」と。佐藤のコメントに笑いが止まらない様子の綾瀬は、「今回は、麦田、さらにパワーアップしてますね」と佐藤に投げかけ、佐藤は「僕は正直、不安だったんですよ。台本を読んで。さすがにここまでこいつばかで大丈夫なんだろうかって思ってたんですよ。ただ、綾瀬さんからは、“それが麦ちゃんのいいところだよ”って言ってもらえたので、思い切って演じました。どうなっているかは僕も分からないので不安です」と不安げに話した。

亜希子の義娘・みゆきを演じる上白石は「お父さんにそっくりな姿をした良治さん(竹野内)に、お母さんがどんどんひかれていく姿を見て、少し戸惑いつつも、みゆきはお母さんの幸せを一番に願っているので。ずっと応援したり、お母さんの背中を押したりするのが、すごく楽しかったです。子供みたいに照れたり、ドキドキしたりしてる亜希子さんを初めて見たので、亜希子さんの初めて見せる表情にもぜひ注目してみていただきたいです」と見どころを語った。

みゆきの幼なじみ・大樹を演じる井之脇は「ようやく学ランを卒業できたのがまずほっとして。2年ぶりで、僕は綾瀬さんと逆で。衣装合わせの時に学ランじゃなかったので、大樹ってどんなだっけな、と思うところがあったんですけど、現場に行って皆さんのお顔を見て、特にみゆきの顔を見たら、あの時こんな感じだったなという気持ちになることができて、懐かしい気持ちを思い出しながら演じていました」と語った。

また、印象的なエピソードを聞かれると、佐藤は「良治さんが、ハゲタカファンドのマネージャーなんですね。綾瀬さんがそれを麦田に説明するんですけど、麦田はそんな言葉知らないから、ハゲ!?って思うんですよ。そのハゲっていうワードに綾瀬さんが小2くらい笑ってました。ずっと」と明かし、綾瀬からは「すごい面白かったですよね」とコメント。それを受けて佐藤は「面白いんだけど、そんなにもう大人になると笑わないんですよ」とツッコんだ。

綾瀬は「みゆきちゃんがすごく大人になられてて。亜希子さんが初めての恋心でどうしたらいいか分からないって困惑しているのを、お母さんみたいなまなざしで見てくれて。娘が成長したんだなと感じました」と上白石演じるみゆきの成長について話した。

いっぽう上白石は「綾瀬さんと竹野内さんと遊園地に行って、ロケをして。朝の7時くらいから1番怖いジェットコースターに4回連続で乗ったりして。そういうハードさも楽しかったりしました。やっぱり亜希子さんと2人のシーンは、あの時(2020年)と同じおうちの同じ配置で、一緒にお酒を飲むっていうシーンがあって。あの時は高校生だったのに、いろいろな時を経て、みゆきちゃんも大人になれたんだなと思うとすごく感慨深かったです」と。

竹野内は「遊園地での撮影が、ものすごく寒くて。でもお二方が何度もジェットコースターに乗っていてすごく楽しんでいらしたので、若いなって(笑)。今回は一人一人のキャストの方々の、今まで見たことのないような表情が見られるんじゃないかなって思います」と話した。

井之脇は「健さんと2人のシーンで、ちょっと男色を匂わせるようなシーンがあるんですけど…健さん演じる麦田は、そんなつもりじゃなく真剣にそれをやっているんですけど、言ってしまえばズボンを下ろすシーンがあるんですよね。そこを、健さんがものすごく真剣に演じてて、僕からは顔が見えないのでオンエアを楽しみにしてほしいんですけど、モニターチェックした時の健さんの顔がすごくて。こんなに真剣にズボン下ろす人がいるんだと思って、ツボっちゃってずっと一人で笑ってましたね(笑)」と撮影エピソードを明かした。

ここで、綾瀬が書き初めを披露。「楽」という漢字を書き、「すごく楽しい作品になっていると思います、ということと、お正月新年、皆さんに楽しんでいただきたいという思いを込めて、みんなでこの字に決めました」と説明した。

『義母と娘のブルース 2022年謹賀新年スペシャル』書き初め

最後に鏡開きを行い、ドラマのヒットを祈願。綾瀬は「登場人物それぞれが誰かを想っていて、愛のある、笑いのある作品になっていると思いますので、皆さんたくさん笑っていただいて、良い新年を迎えてください」と締めくくった。

番組情報

『義母と娘のブルース 2022年謹賀新年スペシャル』
TBS系
2022年1月2日(日)後9・00~11・30

公式サイト:https://www.tbs.co.jp/gibomusu_blues/
公式Twitter:@gibomusu__tbs

この記事の写真

©TBS