『義母と娘のブルースSP』キービジュアル解禁! お年玉「年賀状」企画も

ドラマ
2021年12月15日

2022年1月2日(日)後9・00から放送される『義母と娘のブルース 2022年謹賀新年スペシャル』(TBS系)。このたび、キービジュアルが完成。また、「亜希子さんから年賀状が届く」お年玉企画も決定した。

『義母と娘のブルース』は、桜沢鈴による同名4コマ漫画(ぶんか社刊)を原作に、2018年7月期に火曜ドラマ枠で放送。主人公のキャリアウーマンが8歳の娘を持つ男性に突然プロポーズされ結婚、畑違いの家事やママ友の世界に足を踏み入れ、娘の母親になろうと一生懸命に奔走、家族と過ごす日々を描いた10年間の物語を描いた。

2020年の正月には、連続ドラマの1年後を描いたスペシャル版を放送。こちらも大きな話題となり、そして今回、義母と娘の愛の物語の完全新作が2022年の正月に放送される。

今回公開された、正月らしさが盛り込まれたビジュアルには、夫・良一(竹野内豊)の遺影を抱える義母・亜希子(綾瀬はるか)をはじめとしたレギュラーメンバーが顔をそろえているが、その中には良一そっくりのハゲタカ・岩城も。はたして岩城は亜希子たちとどのよう絡んでいくのか。

さらに今回も「亜希子さんから年賀状が届く」お年玉企画を実施。番組公式Twitterをフォロー&リツイートすると、抽選で1万名に亜希子からの年賀状が届く。応募期間は12月22日(水)まで。

今回の『ぎぼむす』は、義母・亜希子が再建した企業がハゲタカに乗っ取られるが、その男は亡くした夫そっくりの人物だったという衝撃の直後からスタートする。ハゲタカへのリベンジと、夫そっくりの男への複雑な感情で揺れ動く亜希子。そんな義母を娘のみゆきは成長した大人の眼差しで見守っていく。

義母と娘は、そして周りにいる個性豊かな大人たちは、どのようなブルースを奏でるのか。

番組情報

『義母と娘のブルース 2022年謹賀新年スペシャル』
TBS系
2022年1月2日(日)後9・00~11・30

公式サイト:https://www.tbs.co.jp/gibomusu_blues/
公式Twitter:@gibomusu__tbs

©TBS

この記事の写真